桑原あずさに学ぶ処世術①「聞こえないチカラ。」私は私。噂話で人を判断しない。

 

みなさん、こんにちは。いえだ ゆうです!

プロフィール♪ Who  is  いえだゆう?
いえだゆうのプロフィールです!「いえだゆうとは」「いえだゆうの夢」「いえだゆうの決意」という視点で書いています。「”いえだゆう”のこの指とーまれ♪」の活動を応援して頂けたり、仲間になってもらえると、この上なく幸せです(^^♪ ワクワク・ドキドキの夢の旅に出かけたい!そんなあなたに出会える日を楽しみに待っています♪

 

「“いえだゆう”のこの指とーまれ♪」(略して、このゆびブログ♪)にご訪問頂きありがとうございます。

「”いえだゆう”のこの指とーまれ♪」のプロフィール このゆびブログの詩と絵が出来たよ~♥
「”いえだゆう”のこの指とーまれ♪」(略して、このゆびブログ)のプロフィールです。いえだゆうは、このゆびブログで夢を叶えるために、200%の情熱を注いで、記事を描いています。いえだゆうの熱き思いと、このゆびブログの詩とかげちゃんの絵をお楽しみください♪

 

『好きなコトを仕事にしながら、社会の第一線で魅力を開花してる人にインタビュー』

 

今回のゲストは、「sharing academy a.s. 代表 桑原あずささん」です。

 

桑原あずささんの「マイストーリー」のインタビューの中で、「これは参考になる!」と思う内容がたくさんありました。

 

その内容を「桑原あずさに学ぶ処世術」として配信していきたいと思います!

 

今回は、『「聞こえないチカラ。」私は私。噂話で人を判断しない。』について書いていきます。

 

さあ、いえだゆうと一緒に、魅力的な人生の旅に出かけましょう(^_^)

1. 間違った思い込みは、噂話で始まる。

 

 

あずささんは、中学3年生の時につらい経験をされました。

 

インタビューの中で、そのきっかけについてお話をしてくれた場面がありました。

 

あずささん
いじめって、「あの子はああだよ。」とか、「この子はこうだよ。」っていう噂話から始まるんです。

いえだゆう
はい。

あずささん
中学3年生の引っ越しの時に、新しい学校の規則を知らなかった私は、前の学校と同じように登校したんですね。

いえだゆう
はい。

あずささん
すると、私のことを不良だと勘違いして、一瞬で間違った噂が広まってしまったんです。

いえだゆう
はい。

あずささん
そして、次の日からいじめにあうようになりました。

 

中学3年生の時に、あずささんは、転校して2日目からいじめにあってしまいました。

 

しかし、その始まりは、みんながデタラメな噂を信用したからだったんです。

 

あずささんは、不良でも何でもなく、ただ単に規則を知らなかっただけなんです。

 

 

ちなみに、転校前のあずささんは、とっても真面目な優等生でした。

 

なのに、誰もあずささんのことを見てくれませんでした。

 

誰もあずささんの声を聞いてくれませんでした。

2章:ひとりぼっちだった15歳の桑原あずさ。「負けたらあかん。」母の言葉に自分を奮い立たせていた。
このゆびの人気企画!『好きなコトを仕事にしながら、社会の第一線で魅力開花してる人にインタビュー』 今回のゲストは「sharing academy a.s. 代表 桑原あずささん」です。2章では、「桑原あずささんの学生時代」を旅しています♪15歳のあずささんはひとりぼっちの悲しみの中にいました。

 

 

噂話は、間違った情報を伝えている時がある怖さを実感しました。

 

 

2.聞こえないチカラ

 

 

この時の経験は、本当に辛かったと思いますが、母に「負けたらあかん」と言われ続けたあずささんは、学校に通い続けて、新しい能力を身につけられました。

 

 

さて、どんな能力を身につけられたのでしょうか?

 

 

あずささん
聞きたくないことは聞かない耳を持てるようになりました。

いえだゆう
へー。

あずささん
すごく都合がいいんですけどね。

いえだゆう
分かります。

わたしは、鈍感力を身につけました。


あずささん
だからね、今も色々なことがあっても、聞きたくないことは聞こえない耳を持っています。

 

だから、頑張れている自分がいると思います。

 

 

ここで、思いました。

 

聞こえないチカラを身に付けたことが、あずささんの生きる力になっていったんだと。

 

そうでもしないと、毎日の学校生活が辛すぎる。

 

 

日々を乗り越えていく手段。

 

いえだゆうは、鈍感力を身につけました!

 

余計なことは聞こえない能力も時には大事なことかもしれません。

 

 

3.私は私!噂話で人を判断しない!

 

 

そうして、あずささんは、心に決めていることがあります。

 

 

あずささん
ちょっと怖い人とかにぺこぺこしないということです。

 

私は私。

 

「この人に好かれなきゃ」と思って、ごますりしても何もいいことはないんです。


いえだゆう
うんうん。

あずささん
悪いことしたと思ったらすぐに誤りますし、自分の足りなかったこと、改善点が分かればどんなにつらい言葉でも受け入れ、素直に良い方に向かって努力します。

けど、何かチクチクする人には「勝手に言ってたら」と思っています。


いえだゆう
強いですね。

あずささん
いつか分かる日が来ると思っています。

いえだゆう
うんうん。

あずささん
なので、「私自身は、噂話とかにだまされずに、自分の目でその人を見て、関わっていきたいな。どんな人にも優しくしたい!」って思っています。

 

 

色々な経験をされてきたあずささん。

 

人に間違った捉えられ方をされてしまった時。

 

その人にペコペコするのではなく、自分自身のままでいる。

 

 

私は私。

 

ごますりはしない!

 

 

なぜなら、間違った噂は、いつか泡となって消えてなくなってしまうからですね。

 

 

4.まとめ

 

 

このゆび読者のみなさま。

 

いかがでしたか?

 

あなたにも同じような経験がありますか?

 

もし、あなたが孤独で辛い環境にあるのであれば、「聞こえないチカラ」は役に立つかもしれません。

 

誰かに誤解されてしまったままでは辛いですが、あなたが間違ったことをしていなければ、いつか分かってくれる日が来ます。

 

一方で、噂話の怖さを知りました。

 

人が集まれば、つい、自分に関係のないことでも「あの人は○○だ。」「この人は○○だ。」と噂話をしてしまうことってありますよね。

 

 

人から聞いた言葉で理解していないか、本人に確かめたことなのか。

 

そのことを忘れないようにしたいと思います。

 

 

p.s. 少し内容は異なりますが、最後の絵は、強さと弱さについて書いた記事のかげちゃんのイラストです。

大人になっても忘れたくない言葉・感受性について書いています。読んで頂けると嬉しいです♪

あなたは、仕事の中で、震える弱いアンテナを大事にしていますか?
あなたは、完璧にテキパキと仕事ができる大人をめざしすぎていませんか?あなたは、「震える弱いアンテナ」を大事にしていますか?「あらゆる仕事 すべてのいい仕事の核には震える弱いアンテナが隠されている」のです。さあ、素敵なコトバに触れて、あなたのドギマギする感性をふるわせてください!

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

いえだ ゆう

わんぱく男児の育児に奮闘しながら、「ナース・ブロガー・インタビュアー・個人起業」のパラレルキャリアを開拓中!2017年から、「ワクワク・ドキドキ。好きなコト♪」をテーマに活動する「このゆびブログ♪」を運営。様々な人との出会いや経験、言葉から得られた学びをブログに書いています。イラスト担当かげちゃんの絵とともに楽しんで頂ければ幸いです!