3章:幸せに生きるコツ♥ 苦労の連続の中から幸せを掴んだ加納恵子教授が伝授

 

みなさん、こんにちは。いえだ ゆうです!

プロフィール♪ Who  is  いえだゆう?
いえだゆうのプロフィールです!「いえだゆうとは」「いえだゆうの夢」「いえだゆうの決意」という視点で書いています。「”いえだゆう”のこの指とーまれ♪」の活動を応援して頂けたり、仲間になってもらえると、この上なく幸せです(^^♪ ワクワク・ドキドキの夢の旅に出かけたい!そんなあなたに出会える日を楽しみに待っています♪

 

“いえだゆう”のこの指とーまれ♪」(略して、このゆびブログ♪)にご訪問頂きありがとうございます。

「”いえだゆう”のこの指とーまれ♪」のプロフィール このゆびブログの詩と絵が出来たよ~♥
「”いえだゆう”のこの指とーまれ♪」(略して、このゆびブログ)のプロフィールです。いえだゆうは、このゆびブログで夢を叶えるために、200%の情熱を注いで、記事を描いています。いえだゆうの熱き思いと、このゆびブログの詩とかげちゃんの絵をお楽しみください♪

 

『好きなコトを仕事にしながら、社会の第一線で魅力を開花してる人にインタビュー』

 

第3回目のゲストの方は、関西大学社会学部 加納恵子教授(愛称:恵子先生)です。

章では、恵子先生が仕事を通して、様々なことを学んでこられた人生を旅していきます。

 

いえだゆうと一緒に、恵子先生の人生から魅力開花のコツを探す旅にでかけましょう。

1.地域福祉の研究で社会を変えたい!

 

いえだゆう
仕事において、先生が道を切り開いてきたコツを教えてもらえますか?

恵子先生
私は、「福祉の研究・教育に取り組んでいく」という道を選びました。バレリーナという夢を諦めて、障害の当事者として、障害福祉の研究をやっていこうと。今こうして、「自分が障害者である」という他の先生にはない強みを活かして、教育・研究ができているのは幸せなことだと思います。

 

恵子先生
始まりは、大学時代。「福祉学科を専攻して、社会を変えていこう!」という運動に参加してました。地下鉄にエレベーターをつける運動とか。あの頃は、脳性麻痺の人は施設か家にいるしか道がない時代で、「地域で自立生活をしていくために、町にでよう!」という運動が盛んに行われていたんですね。

恵子先生
その運動に参加するまで、重度の障害の人とか、喋れない人とかに出会ったことがなくて。「障害者といえば、せいぜい私くらい」と思ってたわけですよ。でも、障害のある人はたくさんいるということに気づいて、「障害者が地域で生きていける社会をつくっていく研究に関わっていきたい」と思ったんです。

 

様々な試練を乗り越えて、自分の信じた道を突き進み、「社会のためによりよい仕事をしたい」という熱い思いを持って研究に取り組んできた恵子先生の話を聞いて、胸が熱くなりました。

 

恵子先生は、熱心な研究者ですが、就職は順調だったのでしょうか?

 

2.社会の差別に屈せず、研究を続けてきて良かった

 

 

恵子先生
今に至るまでには、長い時間がかかりました。私は非常勤時代がすごく長くて、就職活動はとても苦労したんです。

 

ご主人様の両親と結婚・仕事・子育ての方針が合わず、大変な経験をされてきた恵子先生。

でも、その時のお話の中で、恵子先生の口から苦労という言葉は一言も聞かれませんでした。

その恵子先生が、「就職活動は苦労した」と語っておられ、相当の苦労だったことが推察されます。

 

恵子先生
業績は私の方がかなりあっても、子育て中とか、赤ちゃんがいるとか、障害があるっていうことで、体よく断られるんですよね。

 

恵子先生
非常勤の掛け持ちを続け、どれだけ多くの大学に通ったか分かりません(>_<)

 

恵子先生
就職って、業績だけじゃないんですよね。バランスとか、タイミングとか年齢構成とか。フルタイムで働ける人の枠しかほとんどない。しかも、私の恩師は、女性のパイオニアですけど、「女性は男の5倍働いて一人前にみてもらえるから頑張りなさい」という。

でも、「私には、そんなことはできない。私たちの時代の戦い方は、また、違うようにしないといけない」と思ってましたね。

 
 

恵子先生
そんな時に、社会福祉士という国家資格制度が出来て、たまたま、業績ある人材を探していて、40歳で初めて就職が決まりました♪

 

いえだゆう
そうだったんですね~。

恵子先生
だから、「細々でも論文を書いて、学会で発表してっていうのをやっててよかったな」って思いましたよね!いつ就職できるのか分からなかったけど、「見てくれる人はいるんだな」っていう感じですね(^^♪

 

 

諦めずに、コツコツと続けていくことが、成功の秘訣ですね(^^♪

自分のペースで、自分にできることをやり続けていれば、見ていてくれる人はいる。

今、自分が思い描いた人生になっていなくても、いつ、花が開くか分かりません。

チャンスを待って、コツコツと自分の実力をつけておきましょうね!

 

 

3.「自分らしさを知る」ということ

 

 

恵子先生
その初めての就職先で今井さんと出会ったんですね。

まさこちゃん
「障害のせいにしたらあかん」っていう言葉をもらいました。

 
いえだゆう
まさこちゃんの人生を変えた言葉ですね(^^♪
 

恵子先生
そうですね。今のゼミ生さんは、わりと優しい加納先生と思っていると思うんですけど、本当に・・・なんていうのかな。

その人が、「どうしよう」と悩んだ時とか、困難に向き合わないといけない時とか、そういうところにたまたま遭遇したら、その時は、悪いけど、シビアに言いますね。怒るとかじゃなくて、「ちゃんと向き合いなさい!あなたの人生に!」って。

「なんとかなるよ」なんて全く言わない。普段は、「なんとかなるよ~」って言ってるけどね(笑)

 

いえだゆう
いざと言うときは、甘い言葉は言わない。厳しい本音を言ってくれる先生って素敵ですね。みんなにエールをお願いします!

恵子先生
そうですね。学生のみなさんに伝えたいコトは、人生って早いっていうこと。これまでのみなさんの人生は、ほとんど自分で作ってきていない人生です。みなさん、「自分の人生は、自分で作ってきた」と思ってるでしょうが、みなさんの人生を作ってきたのは、ほとんどが環境要因です。

 

 

恵子先生
みなさんは、社会に出て、これから本気で自分の人生を作っていくんです。そして、自分で自分の人生を作っていくには、「自分らしさを知る」っていうことが大事です。でも、その「自分らしさを知る」っていうのが、すごく難しくてね。

私もそうでしたけど、若い頃って、自分の欠点ばっかりに目がいってしまうんです。でも自分の良さもひっくるめて、ちゃんと自分を受け止める。好きなところと嫌いなところとを全部引き受けて生きていく。

 

恵子先生
人生って、絶対に問題が起こってくるんです。

「平穏無事に過ごしたい」なんて甘いです。なんやかんやあります。

ただ、問題が起こることは問題ではないんです。問題は起こってくるけど、それにどう対応するかが、その時に、その人の価値を決めるから、その時に慌てふためくのではなく、自分の「やれること」と「やれないこと」を冷静に判断して、選択して、前向きに生きていく。

 

恵子先生
まさこさんに、あえて「障害のせいにしてたらあかんよ」って言ったのはやっぱり楽なんですよ。自分の家のせいとか、何かのせいにしてると。自分が傷つかないから。

だけど、「起こった問題に対して、それはそういうものとして、引き受けた上で何をやっていくのか」っていうのを考えていくことが大事ですね。

別に「すごい人になれ」って言ってるわけではなくて、自分が幸せになるためにどうするか。幸せに生きるためには、「自分はどういう選択をするか」が大事ですよね。みなさんにも、「自分らしく生きる」っていうことを考えて、幸せな人生を歩んでほしいですね(^^♪

 

いえだゆう
恵子先生!ありがとうございました。

 

4.いえだゆうの学び

 

 

恵子先生!深い言葉の数々をありがとうございました。

明るく気さくで優しい加納恵子教授。

お話を聞かせて頂いて、恵子先生が今に至るまでには、幾度となく試練に向き合い、ときには、乗り越え、ときには、挫折も味わってこられていたんですね。

 

その経験の中で、「ダメもとでも、とにかくやってみよう!あかんかったらその時考えましょう!」という思いを胸に、コツコツと小さな挑戦を積み重ねる中で得てきた成功体験。

 

その成功体験を糧に、自分の強みを活かし、自分らしく生きていく人生を、信頼のおけるパートナーと作ってこられていました。

 

そういう経験をしてきたからこそ、見えているもの・感じとれる世界がたくさんあるように思いました。

 

「自分らしさを知る」

 

これは、リーダーシップの始まりでもあります。

 

リーダーシップ理論では、社会の中で、自分らしく仕事をしていくためには、まず、「自分を知る」「自分を変革する」ことが、とても大事な要素であると言われていますが、恵子先生の話を聞いて、改めて「自分を知る」ということの大切さを感じ取りました。

 

なぜなら、社会に出ると、本当に様々な価値観の人に出会います。

自分の価値観と異なる人、どうしても反りが合わない人にも出会ってしまいます。

恵子先生は、人生の大きな節目で、そういう出会いをたくさん経験してこられました。

おそらく、価値観の異なる人と出会う中で、

 

  • 「自分はどうしたいんだろう?」
  • 「自分は何がしたいんだろう?」
  • 「自分が大事にしてる価値観は何だろう?」

 

何度も何度も、自問自答されてきたように思います。

 

その中で、何かのせいにするのではなく自分の感覚・価値観を見つめ直し、選んだ道から逃げず、相手と向き合いながら、お互い分かり合える関係性を築けるような関わりを続け、自分の歩みたい道を切り開いていく!

 

恵子先生から学んだ魅力開花のコツですね。

 

 

これから社会の中に入っていく学生さん。

社会の中で働いているけど、自分の人生に迷っている社会人さん。

このゆび読者のみなさま。

 

 

自分と価値観の違う人に出会った時、「自分はどうありたいんだろう?」と思い、悩む時期があると思います。

ぜひ、恵子先生に語っていただいたように、自分の欠点ばかりでなく、良さと悪さをひっくるめた「自分という人間」を知り、引き受け、自分の人生を前向きに作っていく覚悟を決めましょう!

 

「ダメもとでも、とにかくやってみよう。あかんかったらその時考えましょう!幸せな人生を作るために!」

コツコツ小さな挑戦をし続け、「そっか、そっか」という成功体験が、幸せにつながります!

きっと、誰かがどこかで、あなたの人生を応援してくれています!

 

ビバ!Happy Life!

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

いえだ ゆう

わんぱく男児の育児に奮闘しながら、「ナース・ブロガー・インタビュアー・個人起業」のパラレルキャリアを開拓中!2017年から、「ワクワク・ドキドキ。好きなコト♪」をテーマに活動する「このゆびブログ♪」を運営。様々な人との出会いや経験、言葉から得られた学びをブログに書いています。イラスト担当かげちゃんの絵とともに楽しんで頂ければ幸いです!