「コンテンツ・マーケティング64の法則」読書感想文③ ストーリーの法則ー真実の話を上手く語るー

 

みなさん、こんにちは。いえだ ゆうです!

プロフィール♪ Who  is  いえだゆう?
いえだゆうのプロフィールです!「いえだゆうとは」「いえだゆうの夢」「いえだゆうの決意」という視点で書いています。「”いえだゆう”のこの指とーまれ♪」の活動を応援して頂けたり、仲間になってもらえると、この上なく幸せです(^^♪ ワクワク・ドキドキの夢の旅に出かけたい!そんなあなたに出会える日を楽しみに待っています♪

 

「”いえだゆう”のこの指とーまれ♪」(略して、このゆびブログ♪)にご訪問頂きありがとうございます。

「”いえだゆう”のこの指とーまれ♪」のプロフィール このゆびブログの詩と絵が出来たよ~♥
「”いえだゆう”のこの指とーまれ♪」(略して、このゆびブログ)のプロフィールです。いえだゆうは、このゆびブログで夢を叶えるために、200%の情熱を注いで、記事を描いています。いえだゆうの熱き思いと、このゆびブログの詩とかげちゃんの絵をお楽しみください♪

 

「コンテンツ・マーケティング64の法則」(ダイレクト出版 アン・ハンドリー)の読書感想文③です。

 

「コンテンツ・マーケティング64の法則」読書感想文①では、「何かを発信したいと思っているあなたにとって、いかに高品質なコンテンツをつくることが重要になるのか?」というお話を中心に書いていきました。

「コンテンツ・マーケティング64の法則」読書感想文②では、「ライティングの法則について」というお話を中心に書いていきました。

 

今回は、自分の経験談を交えながらストーリーの法則について、何かを始めていきたい人に向けて書いています。

 

1.あなたは世界をどのように変えられるのか?

 

 

著者は、ストーリーを考える出発点として、「あなたは世界をどう変えるのか?」という質問に向き合うことが大切だと述べられていました。

 

「あなたは世界をどう変えるのか?」といきなり言われても「、、、」という反応になりませんか?

 

でも、大事な問いだとしたら、あなたは、この問いにどのように答えますか?

 

 

いえだゆうがこの問いに答えるとしたら、「小さなストーリーを見えるカタチにしていくことで、人々に生きる希望を与えたい!」

 

なぜなら、「ストーリーには、人を魅了する力がある」と考えているからです。

 

 

この世に生まれてきたことがキセキ♪

 

息子君に出会えて本当にそう思っています。

 

あの日の感動は忘れられません。

「息子君に出会えた瞬間、ママのところに生まれてきてくれて本当にありがとう!」と心から思いました。

 

そして、誕生から今まで、ずっ~と成長する姿を見てきました。

その中で思うことは、「人間って自然に何かに向かってチャレンジしていく生き物なんだ」ということです。

 

話をすることができるようになり、歩くことができるようになり、お箸を使えるようになり、字を書けるようになり。

 

何も言わなくても、いつも何かにチャレンジしています。

 

何回も何回も失敗しながら、それでもあきらめずにチャレンジし続けて、「あ、そっか」という感覚をつかみながら、ひとつずつ出きることが増え続けています。

 

本当にすごいことです!

 

息子君の小さな小さなストーリーに日々、魅了され、勇気づけられ、成長している自分がいます。

 

一方で、息子君と衝突して、自分の未熟さを反省する自分もいますが。

 

言いたいことは、「ストーリーには人を魅力する力がある」ということ!!!

 

しかし、日常の中に眠るささやかなストーリーは、当たり前すぎて言葉にすることが難しかったりします。

 

なので、「自分が経験しているストーリーに価値がある」と思っている人自体少ないのではないでしょうか?

 

だから、「マイストーリーを魅力的に語れたり、書けたりできる人って少ないのでは?」とも思っています。

 

そこで、何かを始めたいと思ってるあなたが、「ストーリーを上手く語れる!書ける!」ことができれば、それがあなたの強みになります。

 

以下の視点を参考にあなたならではのストーリーを考えてみて下さい!

 

著者がオススメする説得のあるストーリーに共通する特徴です。

  1. 真実である・・・すべて真実である。あなたの会社が顧客の生活をどう改善するのかを、顧客が理解できる言葉で説明する。
  2. 人間味がある・・・”人々”の生活にどう関わるのかを考える。
  3. オリジナリティがある・・・ストーリーを通して何らかの新鮮な視点を提供する。
  4. 顧客の役に立つ・・・顧客の生活と関連づけて書かなければならない。優れたコンテンツは顧客を参加させ、顧客をストーリーの主人公にしている。
  5. 長期的なビジネス戦略と足並みをそろえた大きなストーリーを語る・・・ストーリーを大きなビジネス戦略と一致させることが大事。

引用:本文

 

いかがですか?

ビジネスよりな感じですが、このような視点であなた自身のストーリーを語ることができますか?書くことができますか?

 

人間って自然に何かに向かってチャレンジしていく生き物なんです!

 

あなたが何かを始めることで、チャレンジすることで、世界をどのようによりよい場所に変えていけるのか?

 

ぜひ!あなたの言葉で発信してみてくださいね♪

 

 

2.あなたにしか語れないストーリーを語る

 

 

続いて、「あなたにしか語れないストーリーを語ることが大事」という視点について学んでいきましょう。

 

著者は、作家のニール・ゲイマンが語っていた言葉を紹介してくれていました。

 

「あなたにしか語れないストーリーを語ることから始めよう。なぜなら、あなたより優れたライターは大勢いるし、あなたより賢いライターも大勢いるからだ。何をするにも、あなたよりそれを得意とする人たちが大勢いる。それでも、あなたはひとりしかない」

 

 

同じようなことを目指している人や会社はたくさんあります。

 

もし、あなたが個人で何かを始めたいのであれば、「なぜ、お客さんは、あなたから商品を買ったり、サービスを受けたいと思うのでしょうか?」

 

世の中には、あなたより優れた人はたくさんいるし、賢い人もたくさんいる。

 

その中であなたが選ばれる理由はなんでしょうか?

 

それは、あなたにしか語れないストーリーに共感しているからです。

 

あなたが見てきた世界。感じてきた世界。経験してきた世界。

 

あなたは、自分が何者で、何者でないのかを、あなた自身の言葉で、語っていきましょう!

 

あなたの思いに共感してくれる人々が、もっともっとあらわれるはずです!

 

 

3.このゆびワークショップのご案内

 

 

最初に、いえだゆうは「ストーリーには、人を魅了する力がある」と考えていると伝えましたが、「マイストーリーを振り返ったり、語る場所がないな~」と思っていました。

 

そこで、「マイストーリーから探すあなたの未来」というワークショップを始めました。

このゆびワークショップ『マイストーリーから探すあなたの未来』第1回目の様子♪
このゆびワークショップ『マイストーリーから探すあなたの未来』第1回目を開催しました。マイストーリーを振り返り、語り、参加メンバーで語り合う。その語りの中で、自分の強みや弱みを発見し、現在の自分の課題を発見。また、異なる人生経験にワクワク・ドキドキ、楽しい時間となりました♪

 

実験的に始めたばかりなので、試行錯誤を繰り返しよりよい方法を模索していきたいと考えています。

 

第1回目を開催したばかりですが、人々のストーリーを聞く時間は、本当に楽しい時間でした(^^)

 

この記事を読んで頂いた方の中で、マイストーリーを振り返ってみたいと思われた方は、このゆびワークショップに遊びにきてくださいね♪

 

今後、不定期ですが、このゆびワークショップを開催していく予定にしています!

 

あなたが、「個人で何かを始めたい人」や、「誰かに何かを伝えたいと思っている人」であるならば、あなたのストーリーを語ることから始めてみませんか?

 

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

いえだ ゆう

わんぱく男児の育児に奮闘しながら、「ナース・ブロガー・インタビュアー・個人起業」のパラレルキャリアを開拓中!2017年から、「ワクワク・ドキドキ。好きなコト♪」をテーマに活動する「このゆびブログ♪」を運営。様々な人との出会いや経験、言葉から得られた学びをブログに書いています。イラスト担当かげちゃんの絵とともに楽しんで頂ければ幸いです!