子どもが「学校、行きたくない・・・」と言ったら、どんな対応すればいいの?宇津崎光代さんに聞いてみた!

 

みなさん、こんにちは。いえだゆうです。

プロフィール♪ Who  is  いえだゆう?
いえだゆうのプロフィールです!「いえだゆうとは」「いえだゆうの夢」「いえだゆうの決意」という視点で書いています。「”いえだゆう”のこの指とーまれ♪」の活動を応援して頂けたり、仲間になってもらえると、この上なく幸せです(^^♪ ワクワク・ドキドキの夢の旅に出かけたい!そんなあなたに出会える日を楽しみに待っています♪

 

「“いえだゆう”のこの指とーまれ♪」のブログ(略して、このゆびブログ♪)にご訪問頂きありがとうございます。

「”いえだゆう”のこの指とーまれ♪」のプロフィール このゆびブログの詩と絵が出来たよ~♥
「”いえだゆう”のこの指とーまれ♪」(略して、このゆびブログ)のプロフィールです。いえだゆうは、このゆびブログで夢を叶えるために、200%の情熱を注いで、記事を描いています。いえだゆうの熱き思いと、このゆびブログの詩とかげちゃんの絵をお楽しみください♪

 

 

子どもが「学校行きたくない・・・」と言った時、どんな対応すればいいのでしょうか?

 

そういう場面に出くわすと、親として悩みますよね。

 

今回は、その時の対応を元教師である株式会社ミセスリビング社長「宇津崎光代さん」にたずねてみましたので、その言葉を参考に書いていきたいと思います。 

 

宇津崎光代さんとは、住育の家づくりの創始者として、家族円満カウンセリング&コーチングで家づくりの間取りプランニングや仕掛けづくりを教えてくださったり、48年の人生経験&様々な家族を見てきた元教師のお母ちゃんだから言える言葉をかけて下さります!

株式会社ミセスリビング会長 宇津崎光代

1.ある日、突然、始まった。「学校に行きたくない・・・」

 

 

我が家の息子君は、お家の中が大好きで、家の中ではとっても元気な男の子です。

 

 

でも、集団生活になると、どうも積極性が失われてしまい、いつも控えめな様子でした。

集団生活で苦労してきた息子君。「空手は、黒帯とるまでやめないよ」ママは、君の成長を楽しみにしているよ♪
1歳のお誕生日から通い続けた保育園。マイペースで自由人な息子君は、集団生活で色々な苦労をしていたようです。その中でも、お友達ができなくて、保育園に行きたくないと毎日泣いていた時期がありました。そんな息子君も卒園式では堂々とした姿を見せてくれました。さて、息子君は、どんな経験をしてきたのでしょうか?

 

 

けれども、お友達もできて、学校には、毎日、通っていました。

 

しかし、ある日、突然、始まりました。

 

 

「学校、行きたくない・・・」

 

 

なぜ、行きたくないの?

 

 

どれだけ話をしても、彼の意思が変わることはありませんでした。

 

 

その後、私も学校に行かせることをあきらめて、彼の声に耳を傾けてみると、とても小さなことで悩んでいることが分かりました。

 

 

親にとっては小さな問題でも、まだ小さな彼にとっては、とても大きな問題に膨れあがっており、前に進めなくなっていたのです。

 

それから、「どうしたら解決できるだろうね?」などと言いながら、一緒に解決する方法を考えていきました。

 

 

その問題に対しては、クリア出来たのですが、それ以降も突然、「学校行きたくない」という日がたまにあります。

 

 

2.宇津崎光代さんに聞いてみた!

 

 

そして、宇津崎光代さんへのインタビューに行く日の朝も、「学校、行きたくない・・・」と言い始めたのです。

 

 

聞いてみると、「学校の課題ができないから嫌だ」ということでした。

 

 

しかし、時間がなかった私は、何とか説得して学校に行かせました。

 

 

でも、心の中では、「どうすればよかったんだろう?」と悶々としていました。

 

 

そして、インタビューをさせて頂いた時に、ふと、子どもの話題になり、息子の話をしました。

 

 

すると、宇津崎さんから以下のようなアドバイスを頂きました。

 

学校に行きたくないって言うのであれば、あなたは、「大丈夫。大丈夫。」と、彼が安心する言葉をかけてあげなさい。その言葉だけでいいから。』と。

 

 

この話を聞き、私は反省しました。

 

 

「息子の話を聞き、問題を明確にすることで、息子の気持ちが楽になって問題を解決する」というパターンを経験してきたので、「何に困っているのか」を聞くことにばかりに意識を向けるようになっていました。

 

 

どもに、ただ、「大丈夫だよ。」と。

 

「キミは間違ってないよ。そのままでいいんだよ。」と。

 

 

そう声をかけて、子どもを安心させてあげればよかったんですね。

 

 

3.私の気持ちが軽くなった。

 

 

これからは、彼にかける言葉を変えていこうと思います。

 

 

彼の自信がなくなっている時には、まず、彼が安心できる「大丈夫だよ~。」という言葉をかけてあげたいと思っています。

 

 

今は、好き嫌いがはっきりしていて、苦手なことに対してはとことん苦手意識が強く、全く前向きに取り組めず、周りのペースについていけないことがあるようで、学校が嫌になっています。

 

 

彼が、「いつの日か、出来ないことにも積極的にチャレンジできるようになって、たくましさを身についてくれたらいいな~」と思っています。

 

 

子育てって本当に一進一退、いろいろな悩みがありますよね。

 

 

「こんな時、どうすればいいんだろう???」と思うことに直面する機会も多いのではないでしょうか?

 

 

人生の大先輩に色々とアドバイスを頂きながら、その都度、等身大の悩みを書いていくことで、現役ママの心が少しでも軽くなればいいな~と思っています!

 

 

一緒に成長していけたらと思っています♪

 

 

ではでは、ハッピーな時間をお過ごしくださいね~♪

 

 

p.s.宇津崎光代さんの人生を聞かせてもらったインタビュー記事を連載していきます!

コチラの記事もオススメです!

序章:住まいが変われば家族が変わる!住育で幸せを生み出すお母ちゃん「宇津崎光代さん」に会ってきました~♪
このゆびの人気企画!『好きなコトを仕事にしながら、社会の第一線で魅力開花してる人にインタビュー』 今回のゲストは、株式会社ミセスリビング社長「宇津崎光代さん」です。序章では、宇津崎光代さんのプロフィールとインタビューの様子を一部ご紹介したいと思います!ぜひ、お読み頂ければ幸いです♪

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

いえだ ゆう

わんぱく男児の育児に奮闘しながら、「ナース・ブロガー・インタビュアー・個人起業」のパラレルキャリアを開拓中!2017年から、「ワクワク・ドキドキ。好きなコト♪」をテーマに活動する「このゆびブログ♪」を運営。様々な人との出会いや経験、言葉から得られた学びをブログに書いています。イラスト担当かげちゃんの絵とともに楽しんで頂ければ幸いです!