中堅ナースの急変対応力アップ☆「目の前で倒れている患者さんを発見したら?」【心停止・院内編】

 

みなさん、こんにちは。いえだ ゆう(プロフィール)です!

「”いえだゆう”のこの指とーまれ♪」(略して、このゆび)ブログ(プロフィール)にご訪問頂きありがとうございます。

 

いえだゆうは、救急外来で働くナースです。

救急外来に配属された当初は、現場で何が起こっているのか、全く分からず(>_<)

しかも救急外来は、どんな症状の患者さんが運び込まれてくるのか分からない(^▽^;)

その緊張感に、ビビりまくっていました。。。

ゼロからの救急現場。

右も左も分からない環境下で、少しでも仕事ができるようになりたい!」という思いを抱きながら、毎日、必死でした。

 

その結果、日々、先輩ナースのみなさまに叱咤激励されながら、現場にとどまり続けたことで、救急現場でリーダーシップを発揮できるナースになりました(^^♪

 

そこで、急変時の対応に不安を抱いているナースのみなさまに向けて、「急変対応力を磨く学習ポイント」について、お伝えしていきたいと思っています♪

 

急変対応が苦手」と思っているのは、あなただけではありません。

 

「急変対応が苦手」と思っているナースのみなさま。

「新人の頃に急変患者さんに遭遇し、何もできなかった…」という苦い経験はありませんか?

その失敗体験が、「私、急変、苦手なんです」と思わせているコトがあります。

苦手は、克服できます!

 

さあ、いえだゆうと一緒に、「ナースの急変対応力」を磨いていきましょう♪

*あくまでも、いえだゆうの個人的な学習経験のまとめであることをご理解頂き、読み進めて頂ければと思います。

 

今回は、

「目の前で倒れている患者さんを発見したら?」【病院編】について、お話したいと思います。

 

 

 

1.心停止の患者さんを発見したら、まず、応援を呼ぼう!

 

病室を訪れた時に、目の前の患者さんが心停止していたら、もうパニックになりますよね(>_<)

ナースとして働いているあなたは、

「心停止の患者さんに遭遇してしまったらどうしよう…」と考えて不安になったことありますよね。

 

学生時代・ナースになってからも、ACLSコースなどを受講し、急変時の勉強はしているはずです。

でも、実際に、患者さんを目の前にすると、パニックになってしまうんです。

何をどうしていいのか分からなくなってしまう(>_<)

 

その理由は、知識と現場での行動が、結びついていないからなんですね。

 

「一人で、あれもこれもしなければ。。。」と思いすぎていませんか?

 

救命で大事なことは、救命連鎖の輪をつなげること!

心停止の防止⇒心停止の早期認識と迅速な評価⇒一次救命処置⇒二次救命処置

 

 

病院編なので、

「発見からいかに早く、一次救命⇒二次救命へつなげられるかが大事」です。

 

患者さんに呼びかけて、反応がなければ、すぐに、応援を呼びましょう!

 

急変対応には、チームが必要です!

患者さんの命を救うために、あなたにできることは、まず、応援を呼ぶことです!

 

 

2.騒然とした現場で、いかに冷静でいられるかがポイント!

 

応援メンバーが到着し、救急カートなど、物品もそろいました。

でも、思うように動けないという経験をしたことはありませんか?

医療者は、患者さんの命を救うために、必死!!!

急変時は、一瞬で緊迫した状態になります。

 

ナースのあなたは、そういう状況下で、いかに冷静でいられるか。

焦ってジタバタしても、上手く対応できません。

深呼吸し、冷静に現場を見れるように心がけましょう!

 

 

3.ACLSのアルゴリズムを徹底的に頭に入れよう!

 

「急変時にテキパキ動けるナース」と「急変対応が苦手なナース」の違いは何でしょうか?

 

それは、心停止患者の対応した経験と学習の差です。

 

 

経験と学習を積んできたナースは、次の展開が予測できるようになります。

 

だから、身体が自然に動けるようになるんです。

でも、経験が少ないあなたは、どのように対応すればいいのか戸惑い、動けないんです。

 

経験を積むことが一番ですが、経験する機会がないナースさんは、学習しましょう!

心停止時の対応には、決まったアルゴリズムがあります。

 

まずは、アルゴリズムを丸暗記です!

 

一分一秒を争う現場で、「どうしよう・・・」なんて思っている時間はありません。

 

次の予測ができなければ、一歩も二歩も遅れてしまいます。

「こういう場合は、こうなる」と頭でアルゴリズムが描けるまで、まずは、丸暗記!

 

一連の流れを把握しておきましょう!(ざっくりまとめてみます!)

応援呼んだら、呼吸の有無確認⇒ただちにCPR(心肺蘇生)

  CPR:ただちに胸骨圧迫開始

    (強く:約5㎝で、6㎝を超えない、速く:100~120回/分、絶え間なく:中断を最小に)

  人工呼吸の準備ができしだい、30:2で胸骨圧迫に人工呼吸を加える

  人工呼吸ができない状況では、胸骨圧迫のみを行う

 

物品が到着したら、AED/除細動器装着し、心電図波形をチェック(2分毎)!

心停止時の心電図波形に不安なあなたは、下記の記事へGO!

中堅ナースの急変対応力アップ☆ 心停止時の心電図波形が分からない(>_
急変対応が苦手だと思っている中堅ナースのみなさま。あなたは、急変対応が苦手なのではなく、知識が足りないだけなんです。心停止時の心電図波形は何パターンあるか分かりますか?波形を描けますか?この問いに不安があるあなたは、ぜひ、読んでみて下さいね!あなたの不安の解決になることを願っています☆

心電図波形から、「電気ショック必要」か「電気ショック不要」か判断!

 電気ショックが必要な波形【VF・無脈性VT】⇒VF/ VTの治療の流れへ

 電気ショックが不要な波形【PEA・心静止】⇒PEA/心静止の治療の流れへ

  

☆その後は、原因検索が重要!

医師は、CPRを継続しながら、治療可能な原因を検索し始める!

心停止の原因検索に不安なあなたは、下記の記事へGO!

中堅ナースの急変対応力アップ☆ 心停止時の原因検索は、このゴロで覚えられる!
急変現場に遭遇したら、心の中は、あたふた大パニック。でも、中堅ナースのあなたは迷ってられない。後輩ナースに指示を出し、現場でリーダーシップを発揮しなければならない。「ああ、どうしよう(>_

 

ナースのあなたは、4つの「か」で、次の展開を予測しておこう!

らだ(かんじゃ)」

⇒身体所見をチェック(頚静脈の怒張、胸部所見の異常、腹部の膨留、出血、眼瞼結膜の貧血など)

るて・ぞく」

⇒病歴聴取・情報収集(家族、目撃者、救急隊、カルテなどから情報収集)

んたんな、検査」

⇒簡単な検査(心電図、血液ガス分析、エコーなど迅速に施工できる検査)

 

参考文献:ACLS大阪ワーキンググループ 改定第4版 JRC蘇生ガイドライン2015準拠 二次救命処置コースガイド

中堅ナースの急変対応力アップ☆治療可能な心停止の原因と対処法を頭に入れておこう!
心停止患者さんの対応時はとにかくパニック!緊迫した現場でも対応できる看護師さんを目指して、日頃から色々な知識を蓄積しておきましょう!今回は、心停止のゴロを覚えた後、重要になってくる「4つのか」についてまとめています。ポイントは、「かんじゃ」「かるて」「かぞく」「かんたんな、検査」ですよ~!

 

など、ざっくりと書きましたが、一連の決まった流れがありますので、

まずは、アルゴリズムを覚えておきましょう!

 

詳細は、JRC蘇生ガイドライン2015で確認してくださいね(^^♪

 

急変が苦手なあなたも、医師の思考過程が予測できれば、冷静に対応できるナースになれます!

何度も繰り返し頭の中で、シミュレーションが一番の早道です!

頑張ってください!

 

 

4.役割分担でチーム力を高めよう!

 

最後に、急変対応が成功するポイントは、チーム力です!

ACLSを受講したことがあれば、シナリオシミュレーションの場で、経験したはず。

 

大まかな役割分担は、

リーダー、気道管理、胸骨圧迫、除細動器、薬剤、記録、家族ケアなど。

 

まずは、リーダーが誰であるのか、明確にしておきましょう。

 

リーダーのいない現場は悲惨です(>_<)

 

リーダー不在で進行している現場に遭遇した場合、あなたは、誰がリーダーになるのか、確認する癖をつけておきましょう!

 

救命処置は、リーダー・メンバー、お互いが各自の役割を担い、声を出し、意思疎通をはかる!

 

チーム力が、患者の命を救います!

 

 

5.まとめ

 

急変現場に遭遇してしまったら、誰しも、緊張でパニック状態になります。

そういう状況下でも、いかに冷静でいられるナースになれるかは、日頃からの訓練が必要です。

現場で経験する機会がないのであれば、ACLSコースを受講したり、認定インストラクターを目指してみましょう。

 

教える立場になると、急変対応の理解が深まります!

 

「そこまではちょっと」と思うあなたは、アルゴリズムを丸暗記し、頭の中でシミュレーションを行いましょう!

 

次、あなたの急変対応力がよりよいものになることを願っています☆彡

 

 

☆中堅看護師向けのリーダーシップの記事も人気です♪

看護現場で失敗経験を重ねながら磨いてきたリーダーシップ 自分の経験&学びから伝えたい5つのコト!
いえだゆうは、看護現場で失敗経験を重ねながらリーダ-シップを磨いてきました。悩んでいる最中は、本当にどうすればいいのか分からず、リーダーシップに関するセミナーを受講したこともあります。今回は、自分の経験&学びから伝えたい5つのことをまとめました。何かの役に立つことを願って書きました。

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

いえだ ゆう

わんぱく男児の育児に奮闘しながら、「ナース・ブロガー・インタビュアー」のパラレルキャリアを開拓中!2017年から、「ワクワク・ドキドキ。好きなコト♪」をテーマに活動する「このゆびブログ♪」を運営。様々な人との出会いや経験、言葉から得られた学びをブログに書いています。イラスト担当かげちゃんの絵とともに楽しんで頂ければ幸いです!