中堅ナースの急変対応力アップ☆心筋梗塞の心電図波形をマスターしよう!

 

みなさん、こんにちは。いえだ ゆうです!

 

「”いえだゆう”のこの指とーまれ♪」(略して、このゆび)ブログにご訪問頂きありがとうございます。

 

 

「心停止時の原因検索をゴロで覚えちゃおう!」は、このゆびブログの中で一番の人気記事になっております。

中堅ナースの急変対応力アップ☆ 心停止時の原因検索は、このゴロで覚えられる!
急変現場に遭遇したら、心の中は、あたふた大パニック。でも、中堅ナースのあなたは迷ってられない。後輩ナースに指示を出し、現場でリーダーシップを発揮しなければならない。「ああ、どうしよう(>_

 

その続編記事として、「治療可能な心停止の原因と対処法を頭に入れておこう!」をアップしました。

中堅ナースの急変対応力アップ☆治療可能な心停止の原因と対処法を頭に入れておこう!
心停止患者さんの対応時はとにかくパニック!緊迫した現場でも対応できる看護師さんを目指して、日頃から色々な知識を蓄積しておきましょう!今回は、心停止のゴロを覚えた後、重要になってくる「4つのか」についてまとめています。ポイントは、「かんじゃ」「かるて」「かぞく」「かんたんな、検査」ですよ~!

 

今回は、「心停止の原因が心筋梗塞」の時の心電図の読み方に焦点を置いて考えていきたいと思います!

 

1.心筋梗塞の心電図波形をマスターしよう!

 

 

前回の記事の中で、心停止患者さんを発見した時には、「4つのか」が大事であるとお伝えしました。

 

 

4つのかとは、「かんじゃ、かるて、かぞく、かんたんなけんさ」でした!

 

今回は、「4つのか」のうちの「かんたんなけんさ」に注目。

 

現場で知っておいた方がいいポイントを中心にまとめていきますね♪

 

まず、コチラの表をごらんください!

 

心電図のところに、「ST変化、T波陰転、異常Q波」となっていますが、意味が分かりますか?

 

 

心筋梗塞は、心電図波形が変化するので、心筋梗塞を疑う時は、医師から必ず心電図検査の指示が出ます。

 

 

では、心電図のどこをどうみて判断しているのでしょうか?

 

 

心筋梗塞の時に変化する心電図波形がコチラ↓(手描きです(^_^;))

 

 

正常な波形と見比べて、違いが分かりますか?

 

 

虚血の時は、心電図波形の後ろから変化すると言われていますので、どこの部位が変化していると心筋梗塞の可能性があるのかマスターできるようにしておきましょう!

 

見るべきポイントは、「①ST変化はあるか?②T波が逆転してないか?③異常Q波がないか?」など。

 

 

医師が推論している疾患を予測できる力やどんな対応が求められるのか、医師の頭の中の考えていることが推測できるようになれば、急変時の動き方に変化がみられます!

 

 

心筋梗塞なら、「緊急カテーテルになるかも?」と予測できますね!

 

 

今回は、心筋梗塞時の心電図波形の変化についてみてきました。

 

 

緊迫した現場ではとても緊張しますが、少しでも対応できるように日頃からさまざまな知識&経験を磨いておきましょうね!

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

いえだ ゆう

わんぱく男児の育児に奮闘しながら、「ナース・ブロガー・インタビュアー・個人起業」のパラレルキャリアを開拓中!2017年から、「ワクワク・ドキドキ。好きなコト♪」をテーマに活動する「このゆびブログ♪」を運営。様々な人との出会いや経験、言葉から得られた学びをブログに書いています。イラスト担当かげちゃんの絵とともに楽しんで頂ければ幸いです!