【看護師3年目】急変患者さんや後輩指導の対応で大変。3年目を乗り越える秘訣はこの3つ!

 

こんにちは。いえだ ゆうです!

 

子育てしながら、現場で10年以上看護師をしています。

 

狭い視点に捉われがちな自分を変えたくて、「仕事+好きなコト」で世界を広げています。

 

「このゆびナースブログ♪」では、「看護師としてもっと成長したい人」や「看護師以外に新しい可能性を拓きたい人」に向けて、【楽しく成長できるコツ】を紹介しています!

 

現在のいえだゆうは、看護以外の世界にも興味を抱いていますが、看護師3年目の時は、看護師としてまだまだ出来ないことが多くて不安でいっぱいでした。

 

今回は、その当時を振り返り、どんなことに悩み、どんな風に乗り越えてきたのか、過去のいえだゆうと同じ悩みを抱いているあなたにお届おけしたいと思っています!

 

大丈夫です!あなたらしく3年目を乗り越えていきましょう♪

1.自分自身も未熟なのに、後輩指導って大変・・・。

 

一年目&二年目を乗り越えて、少しずつ看護師として働くことに自信が持てるようになってきました。

 

そして、3年目になり今まで担当しなかった緊急生の高い患者さんや重症患者さんを見たり、後輩指導もまかされる機会が増えていきました。

 

可愛い後輩もできるし、先輩に頼られている感じもあるし、一年目の頃を思い出すと考えられないくらい成長しています。

 

しかし、やりがいとは裏腹に、どんどん重い責任が背中に乗っかってきて、だんだん身動きが取れない感じになっていきました。

 

なぜなら、自分自身にとっても新しい課題がある上に、後輩指導もあります。

 

そして、自分のキャパを越えてしまってバーンアウトになりそうでした。

 

何とか踏み留まりましたが、そうなってしまったら「本当にもったいなかったなー」と思っています。

 

 

あなたは大丈夫ですか?

 

3年目の自分に疲れていませんか?

 

 

いえだゆうも本当に大変でしたが、何とか乗り越えられましたので、等身大の経験をお伝えすることで、「今のあなたの悩みのヒントになることがあればいいな~」と思っています!

 

 

さっそく紹介していきますね!

 

2.3年目の乗り越え方3つ!

 

さあ、一つずつ紹介していきますね。

 

①自分の実践力を高める。

 

3年目となると、一定の経験を積んだ看護師として扱われるようになるため、重症度の高い患者さんや緊急性の高い患者さんをまかされるようになります。

 

そのような患者さんの対応をするだけで精一杯なのに、その上、後輩指導も求められるため、自分自身に余裕が持てず、いっぱいいっぱいになってしまうんです。

 

その結果、あれもこれもしなければならない状態がつらくなって、些細なことでイライラしてしまったり、後輩の話を聞いてあげられなかったり。

 

悪循環に陥ってしまって抜け出せない状況ってあるんですよね。

 

そんな悪循環を抜け出す方法

 

それは、まず、あなた自身の成長です。

 

まず、乗り越えなければならない壁は自分自身の実践力アップと考えて出来ることを一つずつ増やしていきましょう。

 

重症患者さんや緊急性の高い患者さんの対応ができるように、学ぶべきこと、振り返ること、やれることはたくさんあります。

 

自分の実力をアップさせることを目指しましょう!

 

☆急変対応や急変前の対応は、こちらの記事がおすすめです!

【患者急変】ナースの急変対応力up「目の前で倒れている患者さんを発見したら?」【心停止・院内編】
現場で働くナースにとって、急変は、いつもド緊張。不安だらけ。「何もできなかった…」「どうしたらいいのか分からない…」そういう不安を乗り越えて、患者さんの命を救えるナースになりたいみなさま!「急変対応力を磨く学習ポイント」をお伝えしていきます!今回は、「目の前で倒れている患者さんを発見したら?」【病院編】です!
【対応が分かる】患者さんの様子が「何か変」と感じたらどうする? 看護師の「気づき力」を高めよう!
急変対応に不安を感じている看護師の方に、私自身が学んで役に立った知識をお伝えしています。今回は、「何か変」と感じた時の対応について紹介しています。ぜひ、「気づき力」を高めて患者さんの急変を察知し、素早く対応できる看護師を目指していきましょう!

 

 

②後輩に教えることで、一緒に成長する!

 

まずは、自分の看護力を高めることを意識したら、次は後輩への関わり方を変えていきましょう。

 

そして、新人の頃の自分を思い出しましょう。

 

あなたも、本当に何もかもが分からなくて、毎日辛い思いをしていた頃がありましたよね。

 

職場に行くだけでガタガタ震えて、緊張していた時期がありますよね。

 

後輩は、あの頃の自分と同じ気持ちなんです。

【29歳で看護師1年目】一生懸命なのに上手くいかない。でも、この3つがあれば乗り越えられる!
新連載【看護ストーリー】を始めました!今は、現場で10年以上看護師として働いていますが、29歳で看護師として働き始めた時は本当に辛くて、毎日泣いてばかりでした。その当時を振り返り、どんなことに悩み、どんな風に乗り越えてきたのかをまとめていきたいと思います!今、看護師一年目で頑張っているあなたに届くことを願って!

 

なので、あなた自身が当時の気持ちを思い出せば、自然に寄り添えることができるのではないでしょうか?

 

そして、肩肘張らずに一緒に成長していけばいいのです。

 

あなたも指導するのは初めての経験です。

 

初めてのことは、誰でもわからないし、失敗もします。

 

右往左往しながら、後輩と一緒に成長していくことができればいいんです。

 

そして、後輩に教えることであなたも成長していきます。

 

ぜひ、頑張ってくださいね!

☆一緒に実践を振り返ってみるのも効果的です!

【役に立つ】看護師が実践現場でチームメンバーと急変事例を振り返るコツを紹介!
あなたは現場で「お互いの実践力を高めるための話し合いがもっとできたらなー」と思ったことはありませんか? 現場で実践を振り返る方法を色々と試してきて、見えてきたことがあります。今回は、事例を振り返るコツを紹介しています!今、悩んでいるあなたのお役に立てることがあれば幸いです!

☆京都大学:内藤知佐子先生のインタビュー記事からたくさんのことが学べます!

【指導者の心構え】内藤知佐子先生に学ぶ「ファシリテーションのコツ」
ヒューマンスキルを高めたいあなたにをお届けするインタビュー企画!今回は、ファシリテーションのプロフェッショナル 内藤知佐子先生に「プロの極意」についてインタビューさせて頂きました!内藤先生からファシリテーションのコツ「指導者マインド編」としてまとめています。ぜひ!

 

③誰かに悩みを聞いてもらう。

 

最後に、あなた自身の悩みを聞いてもらえる環境を作っておきましょう。

 

看護師さんって、真面目な方や優しい人が多いんです。

 

そして、自分自身がいっぱいいっぱいになって、バーンアウトしてしまう人もいます。

 

でも、それって本当に悲しいことです。

 

あれだけしんどい実習や勉強を乗り越えてきたのですから、看護師として働けるようになれますよ!

 

そのために大切なこと!

 

それは、ストレスをためないこと

 

ストレス発散方法は、たくさんあればあるほどいいので、あなたにとっていい方法を見つけてくださいね!

 

いえだゆうのおすすめは、先輩や同期に悩みをきいてもらうことです。

 

あなた自身の辛い気持ちを分かってもらえたら、あなたも後輩の辛いきもちを分かってあげられる心のゆとりができると思います。

 

悩みを聞いてくれる人を作っておきましょうね!

 

ただし、相談するのは「ちょっと・・・」という方は、紙に思いのまま書いてみることも効果的ですよ!

 

あなたの心が軽くなる方法を見つけてくださいね!

 

 

2.まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

3年目を乗り越えるって、とっても大変なんです。

 

まずは、3年目を乗り越えようとしている段階まで頑張ってきた自分を褒めてあげましょう!

 

そして、「一生懸命頑張っているのに、自分自身に対してや後輩との関係にも上手くいっていない」と思っているあなたの心が、「少しでも軽くなればいいなー」と思っています。

 

最後に、「いつか自分なら乗り越えられる」と信じること、そして、「後輩も後輩なりに、ゆっくりでも確実に成長していく」と信じることが大切です。

 

気長に構えていましょうね。

 

大丈夫です!

 

絶対に乗り越えられますよ(^_^)/~

 

次回は、【看護師4年目に経験した悩みについて】まとめていきます。楽しみにしておいて下さいね♪

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

いえだ ゆう

子育てしながら、現場で10年以上看護師をしています。狭い視点に捉われがちな自分を変えたくて、「仕事+好きなコト」で世界を広げています。「看護×ママ×人生を楽しむ♪」というテーマで、看護師・ママ・自分の夢を叶えたい方に向けて、【楽しく成長できるコツ】を紹介しています!毎月1日&毎週土曜日にブログを更新しています。ぜひ、楽しんで頂ければ幸いです♪