中堅ナースの急変対応力アップ☆ 心停止時の原因検索は、このゴロで覚えられる!

 

みなさん、こんにちは。いえだ ゆう(プロフィール)です!

「”いえだゆう”のこの指とーまれ♪」(略して、このゆび)ブログ(プロフィール)にご訪問頂きありがとうございます。

 

 

いえだゆうは、救急外来で働き始めてから、

現場でジタバタしながら、様々なセミナーを受講し、色々な学習をしてきました。

その経験で思ったことは、「救急看護の勉強は、すべての看護師の力になる」ということ!

 

これまでの私の学びを整理しながら、急変対応に不安を抱く中堅ナースのみなさまに、

「急変対応力を磨く学習ポイント」をお伝えしていきたいと思っています(^^♪

 *あくまでも、いえだゆうの個人的な学習経験のまとめであることをご理解頂き、読み進めて頂ければと思います。

 

「急変対応が苦手」と思っているのは、あなただけではありません。

さあ、いえだゆうと一緒に、「ナースの急変対応力」を磨いていきましょう♪

 

 

今回は、「心停止時の原因検索をゴロで覚えちゃおう!」というお話です。

 

ACLSを受講したことのあるナースのみなさんは、PEAの心停止の原因検索として、4H4Tなどを紹介されたことを覚えてますか~?

ここでは、6H6Tをご紹介!

 

中堅NS:みっちゃん
6H6Tがあるのは、知ってるんですけど、覚えられません(>_<)

だって、6H6Tの難しい単語を覚えて、疾患名を思い出すなんて無理です(^▽^;)

いえだゆう
そうだよね~。

たしかに、難しい単語を覚えて、疾患名を覚えてなんて、急変現場の緊迫した雰囲気の時に思い出せないよね(>_<)

 

 

ということで、いえだゆうは考えてみました!

 

いえだゆう
どんな状況でも思い出せそうなゴロを(●^o^●)

 

変な覚え方でも、思い出せたらそれでいいのです!

さあ、一緒に口ずさんでみましょう♪

 

「きず、しんぱいや、じゅんさんかりかり、あし、おんち」

 

疾患に連想しやすい表記に変換すると、

「傷、心・肺・薬・循・酸・カリ・カリ・アシ・温・血」

 

ゴロから、疾患を思い出せるようになってくださいね!

 

心・肺は、さらに、「しんきんタンポはいそくきょう」と覚えてください♪

 

「しんきんタンポはいそくきょう」⇒「心筋・タンポ・肺塞・気胸」

 

心停止時の治療可能な原因検索!

 

心停止患者さんに遭遇した場合、まず、BLS+ACLSですね!記事はこちら↓↓↓

中堅ナースの急変対応力アップ☆「目の前で倒れている患者さんを発見したら?」【心停止・院内編】
現場で働くナースにとって、急変は、いつもド緊張。不安だらけ。「何もできなかった…」「どうしたらいいのか分からない…」そういう不安を乗り越えて、患者さんの命を救えるナースになりたいみなさま!「急変対応力を磨く学習ポイント」をお伝えしていきます!今回は、「目の前で倒れている患者さんを発見したら?」【病院編】です!

 

その後の医師の頭の中は、治療可能な心停止の原因検索に向かっていきます。

 

つまり、

いえだゆう
医師は、

「手がかりとなる臨床所見や必要な緊急検査データやカルテ情報などを知り、可能な治療を始めたいと思っているはず

 

いえだゆう
ということは、中堅ナースのみっちゃんが次に考えることは?

 

中堅NS:みっちゃん
検査やカルテ情報など、医師の指示通り動けるような段取りを考えたり、

どんな疾患の可能性が高いのか考え予測しておく!

 

いえだゆう
すご~い♪

 

すると、

「医師の指示が分からず大パニック(>_<)」という展開にはならない!!!

 

中堅ナースのあなたに求められることは、急変現場で冷静に対応できるリーダーシップです!

 

必ず、原因検索と関連のある指示が出ますので、現場で使える知識になる形で、学習しておきましょうね(^^♪

続編です!

中堅ナースの急変対応力アップ☆治療可能な心停止の原因と対処法を頭に入れておこう!
心停止患者さんの対応時はとにかくパニック!緊迫した現場でも対応できる看護師さんを目指して、日頃から色々な知識を蓄積しておきましょう!今回は、心停止のゴロを覚えた後、重要になってくる「4つのか」についてまとめています。ポイントは、「かんじゃ」「かるて」「かぞく」「かんたんな、検査」ですよ~!

 

 

急変時、「テキパキ動けない…」「不安です…」という悩みを抱いているナースのあなた!

 

あなたに足りないのは、経験と学習です!

 

経験知は、すぐに高められませんが、

効果的な学習を続けていれば、あなたの急変対応力は、飛躍します☆

 

現場で使える知識になるまで、「繰り返し学習&頭の中での仮想シミュレーション」が一番(^^♪

一人でこっそり実演も◎(現場を想定して取り組んでみて下さいね!)

 

 

未来のあなたの急変対応力がよくなることを願っています(^。^)y-.。o○

 

 

☆中堅看護師向けのリーダーシップの記事も人気です♪

看護現場で失敗経験を重ねながら磨いてきたリーダーシップ 自分の経験&学びから伝えたい5つのコト!
いえだゆうは、看護現場で失敗経験を重ねながらリーダ-シップを磨いてきました。悩んでいる最中は、本当にどうすればいいのか分からず、リーダーシップに関するセミナーを受講したこともあります。今回は、自分の経験&学びから伝えたい5つのことをまとめました。何かの役に立つことを願って書きました。

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

いえだ ゆう

わんぱく男児の育児に奮闘しながら、「ナース・ブロガー・インタビュアー・個人起業」のパラレルキャリアを開拓中!2017年から、「ワクワク・ドキドキ。好きなコト♪」をテーマに活動する「このゆびブログ♪」を運営。様々な人との出会いや経験、言葉から得られた学びをブログに書いています。イラスト担当かげちゃんの絵とともに楽しんで頂ければ幸いです!