会社をやめずに朝晩30分からはじめる起業 読書感想文①ドリームキラーに負けるな!巻き込んでやれ!

 

みなさん、こんにちは。いえだ ゆうです!

プロフィール♪ Who  is  いえだゆう?
いえだゆうのプロフィールです!「いえだゆうとは」「いえだゆうの夢」「いえだゆうの決意」という視点で書いています。「”いえだゆう”のこの指とーまれ♪」の活動を応援して頂けたり、仲間になってもらえると、この上なく幸せです(^^♪ ワクワク・ドキドキの夢の旅に出かけたい!そんなあなたに出会える日を楽しみに待っています♪

 

「”いえだゆう”のこの指とーまれ♪」(略して、このゆびブログ♪)にご訪問頂き、ありがとうございます。

「”いえだゆう”のこの指とーまれ♪」のプロフィール このゆびブログの詩と絵が出来たよ~♥
「”いえだゆう”のこの指とーまれ♪」(略して、このゆびブログ)のプロフィールです。いえだゆうは、このゆびブログで夢を叶えるために、200%の情熱を注いで、記事を描いています。いえだゆうの熱き思いと、このゆびブログの詩とかげちゃんの絵をお楽しみください♪

 

『会社をやめずに朝晩30分からはじめる起業』(明日香出版社 新井一)読書感想文①です。

 

 

「新しいコトを始めてみたい!でも、今の環境を変えることにも抵抗があるし、やったことがないことを始めるにもいい年齢だしなー」と、自分に不安を抱いている。

 

 

だけど、勇気を出して、「自分の思いを、夢を語ってみた」

 

 

その結果、周りの人に反対されて、質問されて、反論できなくて、自分にできる自信がなくなってしまった。

 

そして、夢をあきらめる。

 

悲しい結末です。

 

 

いえだゆうも、数年前に自分の夢を家族に語ると大反対されました。

 

でも、あきらめきれなかったため、家族が納得してくれるかたちでコツコツ始めることにしました。

 

それが、このブログです。

 

『会社を辞めずに朝晩30分から始める起業』という本を読んでいて、いえだゆうが学んだことは、「家族から反対されるのは、夢を叶えたいと思う人にはよくあるシチュエーションなんだ」と思いましたので、いえだゆうの学びをお伝えしたいと思います。

 

1.心の底に渦巻く思い。起業がしたい!

 

 

あなたは、今までの安定した人生に、疑問がわいてきたことってありませんか?

 

「自分の人生、このままでいいのかな?」

「今の小さな世界の外に出て、もっと色々な人に会って、自由に仕事がしたいな」

「もっと、刺激的な人に出会って色々と学びたいな~」と。

 

でも、自分がやりたいことをやってみたいと思う一方で、家族もいるし、時間もないし、今の仕事なら安定しているし。

 

うーん。

 

やっぱり、「今のままがいいよねー。」「今が一番幸せだよねー。」と。

 

 

いえだゆうは、結婚して、数年した後になぜか上記のようなモヤモヤを抱くことになりました。

 

何が悪いというわけではありません。

 

 

優しい旦那さんもいて、息子くんは可愛くて。看護師としてもバリバリ働いている。

 

 

でも、何かが足りない。どこか退屈だったんです。

 

 

しかし、勇気のなかったいえだゆうは、新しい世界に飛び出して失敗したら、怒られそうで一歩前に踏み出せずにいました。

 

新しくチャレンジすることが仕事になるのかどうかも分からないし、迷いもありました。

 

 

 

でも、心の底では、「やってみたい!」、「チャレンジしてみたい!」、「今の世界から飛び出してみたい!」という思いが渦巻いていました。

 

 

そして、たまたま買った著書の中で、自分が感じてきた思いと第1章に書かれていた内容があまりにも似ていたのでびっくりしました。

 

 

起業を目指す多くの人は、正規、非正規に問わず、会社員として、とても真面目に過ごしてきた人たちです。

毎月決まった収入を得て、安定した暮らしを実現し、周りの友人たちと比べてお給料が極端に低いこともありません。

大好きなパートナーやお子様がいて、穏やかに暮らしている方もいらっしゃいます。

 

しかし、今までの安定した人生に、ふと疑問が沸くときがあるのです。

本文引用

 

 

小さな不満が募る日々をこのまま過ごしていって、本当にいいのだろうか?

自分を変えたい。

現状を変えたい。

何かをやってみたい。

本文引用

 

 

ドストライクでした!

 

そして、思いました。

 

起業がしたいんだと。

 

 

 

2.「変わりたいと思う自分」と「変わりたくないと思う自分」

 

 

 

「起業がしたい!」と思っている自分がいることは分かったのですが、どんな方法で起業ができるのか分からずにいました。

 

自分でビジネスを生み出す経験はゼロですから(^_^;)

 

ただ、「これまでの経験は活かしていきたい!」という思いはありました。

 

そこで、いえだゆうが「これまでにやってきたことで楽しかったことは何だろう?」と考えたときに、思いついたことが「インタビュー」だったんです。

 

学生時代に「医療とアート」の研究に取り組んでいて、音楽療法士さんや絵本作家さんにインタビューさせてもらったことがあったんですが、その経験がとっても楽しかったんです。

 

 

インタビューで自分と異なる感覚の人のお話を聞くこと。

その聞かせて頂いた貴重なお話を文章に書いていくこと。

自分が書いた文章が他者に届き、喜びのコメントを聞いた時に感じられる嬉しさ。

 

 

インタビューをまとめあげるまでには、とてもしんどい作業が待っているのですが、どの工程も大好きだったんです。

 

 

なので、「自由に記事を書けるブログ」を夢の活動のおともに選びました\(^_^)/

 

 

しかし、思うような成果があがらず悪戦苦闘の日々。

『夢の扉』VOL.4 理想と現実のギャップ。ブログで学んだ!成果の出ない時期を自分らしく乗り越える方法!
やりたい夢に向かって、夢の扉をひらき始めたいえだゆう。旅のお供は、ブログ!しかし、理想と現実のギャップに直面。全く、思い描いたプラン通りに進められませんでした。さて、成果が出なくてモチベーションを維持しにくい時期を、自分らしく乗り越えていく方法を考えてみました!ぜひ、しんどいあなたに読んでほしい!

 

記事を書きあげるスピードも遅いし、記事数も増えない。

 

ブログアクセス数も全く伸びない低空飛行状態。

 

平日は、朝の4時や5時から起きてブログ記事を書いて、仕事に行って、息子との時間を過ごして寝る。

 

週末は、隙間時間に書きためた原稿を旦那さんにチェックしてもらって、赤ペンだらけの記事を修正する。

 

 

ちょこちょこと隙間時間を見つけて、ブログの記事を頑張って書いてきました!

 

 

何でこんなに頑張っているのでしょうか?

 

 

ただ、「家族に反対されたから、自分のやりたいことをあきらめる」という選択肢は、いえだゆうにはありませんでした。

 

「家族にも認められるカタチで、応援してもらえるカタチで、新しいことにチャレンジしたい」と思っていました。

 

だから、とりあえず、あきらめない自分の姿を見せたかったのかもしれません。

 

 

「変わりたいと思う自分」と「変わりたくないと思う自分」。

 

 

夢を叶えたいと思うだけの自分だけではなく、相反する想いを抱いている自分もいました。

 

 

自分の中でも揺れるんです。

 

 

本当に飛び出していいのか。

 

飛び出して後悔しないのか。

 

今の安定した生活が一番幸せなんじゃないか。

 

現場でやりたいことをやらせてもらっているし、看護師として働くことにもやりがいを感じています。

 

 

今のままでもいいような気もしてくるんです。

 

 

でも、「新しいことにチャレンジしてみたい!やってみたい!」

 

 

一人でいる時に、そういう気持ちが押し寄せてきます。

 

 

自分の思いに迷いながら、ブログを書き続けていました。

 

 

 

3.周りにいるドリームキラーに負けるな!

 

 

 

そして、本の続きを読んで、またまたびっくりしました。

 

これもまた同じ経験をしていたからです。

 

 

夢をあきらめるように説得してくる人々のことを「ドリームキラー」というそうです。

 

 

ドリームキラーは、環境そのものであることも多いですが、あなたと仲のいい人、親しい友人や家族である場合もあります。

 

あなたの家族や親しい友人たちは、あなたのことを想い、心配するからこそ、あなたに否定的な意見を言うことがあります。

その言葉があなたの中に刷り込まれていくと、次第に「変わりたくない自分」が覚醒し始めます。

本文引用

 

 

いえだゆうの周りには、ドリームキラーがいたんです。

 

旦那さんにこの本を読んでもらいました。

 

旦那さんは、「おれは、ドリームキラーだね」とつぶやいていました。

 

 

いえだゆうのことを心配して、起業することを辞めるように反対してくる人。

 

 

当時のいえだゆうには、旦那さんを納得させるだけの材料がありませんでした。

 

 

しかし、会いたい人に会いに行くインタビュー活動を始めて、仲間と夢を語るようになって、やりたいことを少しずつカタチにできるようになって、毎日が楽しくなりました!

 

 

一方で、「起業するぞ!」と言って、数年前に飛び出さずにいて良かったとも思っています。

 

何もない状況で始めなくてよかった。

 

今ある生活の隙間時間を未来のための時間に使い続けてよかった。

 

そう、思えるようになりました!

 

なぜなら、収入の心配をしなくていいからです。

 

夢の活動の始まりとして、本当に好きなことにチャレンジできています!

 

 

今は、何のお金も生み出していないブログですが、これまでに眠っていたストーリーを描くことで喜んでくれている人がいます。

 

インタビューをさせてもらった方々の知らなかった一面に触れる機会になっていたり、新しい魅力に気づく機会になっています。

 

記事を書いてほしいと言ってくれる人がいます。

 

記事を楽しみに待ってくれている人がいます。

 

心の底から嬉しく思っています♪

 

そして、「まだまだ眠っている人々のストーリーを書いて、色々な人の魅力を開花させていくぞ!」と思っています(^_^)

 

 

「自分はお小遣い稼ぎがしたいわけじゃない。『自由』や『やりがい』、お客様からの『ありがとう』、家族との幸せな暮らし、自立できる経済力・・・そういうものを手に入れたい。好きなことで稼げるようになって、もっとイキイキと輝いて毎日を生きたいんだ!」

他人のビジネスから得られる自由には限界がありますし、本当に好きな仕事をやることはできません。

あなたが夢を叶えたいのなら、あなた自身がビジネスを興す必要があるのです。

本文引用

 

 

夢を叶えるための、スモールビジネス!

 

いえだゆうが、本心からやりたいことです。

 

『今のカタチで、隙間時間を「後で重要になる時間」として投資し続けて、いつか、自分のビジネスを興したい!』

 

その想いが日に日に増してきています。

 

 

すぐに仕事を辞めていたら今のカタチでのブログ活動は続けてこれなかったと思います。

 

 

2年間無収入では暮らしていけません。

 

 

会いたい人に会いに行くこともできません。

 

 

不安定な生活が待っていました。

 

 

「お金を生み出さないブログに何時間も投入するぐらいなら、きちんと働いて」と言われていたかもしれません。

 

でも、安定した環境にいるからこそ、できるビジネスがあるような気がしてきているんです。

 

本当にゆっくりですが、一歩ずつ前に進んでいます。

 

なんだかんだと旦那さんは協力してくれています。

 

2年近くもいえだゆうの想いに付き合ってきてくれた仲間がいます。

 

自分の想いを、家族の想いを、仲間の想いを大事にできるように、頑張るぞー!!!

 

 

 

4.まとめ

 

 

あなたには、夢がありますか?

 

夢を叶えたいと思っていますか?

 

 

あなたの周りにドリームキラーはいますか?

 

 

ドリームキラーは、あなたの近くで、あなたのことを一番考えてくれている人の可能性が高いです。

 

でも、理解を示してくれたら、一番のあなたの味方になってくれるはず!!!

 

 

そのためには、行動し続けることだと思っています。

 

 

自分の想いに迷うコトがあっても、夢をあきらめていません。

 

 

夢を叶えるための行動をずっと続けています。

 

 

最近では、「ドリームキラーを巻き込んでやれ!」と思っています(^_^)

 

 

あなたは、いかがですか?

 

 

さあ、未来の夢を叶えるための時間に自分の貴重な時間を投資していきましょう!

 

 

夢は叶うと信じて前進していきたいですね~♥

 

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

いえだ ゆう

わんぱく男児の育児に奮闘しながら、「ナース・ブロガー・インタビュアー・個人起業」のパラレルキャリアを開拓中!2017年から、「ワクワク・ドキドキ。好きなコト♪」をテーマに活動する「このゆびブログ♪」を運営。様々な人との出会いや経験、言葉から得られた学びをブログに書いています。イラスト担当かげちゃんの絵とともに楽しんで頂ければ幸いです!