【役に立つ】急変と言えば「さるもちょうしんき」! ゴロで覚えて、できるナースになろう!

 

こんにちは。いえだ ゆうです!

 

子育てしながら、現場で10年以上看護師をしています。

 

狭い視点に捉われがちな自分を変えたくて、「仕事+好きなコト」で世界を広げています。

 

「このゆびナースブログ♪」では、「看護師としてもっと成長したい人」や「看護師以外に新しい可能性を拓きたい人」に向けて、【楽しく成長できるコツ】を紹介しています!

 

あなたは、「急変対応が苦手」だと感じていませんか?

  • 現場で頭が真っ白になる
  • 焦れば焦るほど何をどうしていいのか分からなくなる
  • 勉強はしているのに、現場で役に立つことができない

 

でも、大丈夫です!

 

急変患者さんに遭遇した時に、どんな対応をすればいいのか、その後の流れが分かっていれば、あなたの対応が変わります!

 

いえだゆうも、とにかく急変対応が苦手だったのですが、学習&経験知を高めたことで改善できたので、その経験を基に現場で役に立つ考え方を伝えていきたいと思います!

 

今回は、急変と言えば、「さるもちょうしんき」のゴロについて紹介していきます

 

さあ、いえだゆうと一緒に、「ナースの急変対応力」を磨きましょう♪

 

*あくまでも、いえだゆうの個人的な学習経験のまとめであることをご理解頂き、読み進めて頂ければと思います。

 

1.とっても役に立つ「さるもちょうしんき」を覚えよう!

 

 

患者さんから「何かしんどい」とナースコールがあり、訪室したら患者さんが苦しそうな顔で冷汗をかいています。

 

あなたは、どうしますか?

 

「苦しそうな顔」「冷汗」はパット見て、「危険!」な状態です。

 

すぐに、バイタルサインの測定や意識状態の評価、全身の素早い診察を行っていくと思いますが、この急変時の対応で覚えておくと役に立つ「ゴロ」があります!

(「救急初期対応sideA」というセミナーで知りました!)

 

それは、「さるもちょうしんき」です。

 

「さるもちょうしんき」

酸素
ルート確保
モニター
ちょう 超音波
しん 心電図
胸部X線

 

バイタルサインを測定すると、SPO2や血圧、意識状態に異常所見がみられたら、「さるもちょうしんき」と考えましょう!

 

この後の展開として、「患者さんの状態を安定させるために、酸素投与や輸液の指示が出るかな、モニター装着が必要だな、原因を検索するための検査(超音波、心電図、胸部X線)の指示が出るのでは?」と考えるようにしておきましょう!(一例です)

 

ぜひ、『さるもちょうしんき』を覚えて、急変時でもテキパキと動けるナースを目指して下さいね!

 

急変時の対応に不安がある方は、「救急初期対応sideA」というセミナーがおすすめですよ!

楽しみながら、救急に関する知識がたくさん学べます!

 

ではでは!

☆心停止患者さんの対応に不安の方は、こちらの記事もおすすめです!

【患者急変】ナースの急変対応力up「目の前で倒れている患者さんを発見したら?」【心停止・院内編】
現場で働くナースにとって、急変は、いつもド緊張。不安だらけ。「何もできなかった…」「どうしたらいいのか分からない…」そういう不安を乗り越えて、患者さんの命を救えるナースになりたいみなさま!「急変対応力を磨く学習ポイント」をお伝えしていきます!今回は、「目の前で倒れている患者さんを発見したら?」【病院編】です!

☆「何か変」と感じた時の対応は、こちらの記事がおすすめです!

【対応が分かる】患者さんの様子が「何か変」と感じたらどうする? 看護師の「気づき力」を高めよう!
急変対応に不安を感じている看護師の方に、私自身が学んで役に立った知識をお伝えしています。今回は、「何か変」と感じた時の対応について紹介しています。ぜひ、「気づき力」を高めて患者さんの急変を察知し、素早く対応できる看護師を目指していきましょう!

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

いえだ ゆう

子育てしながら、現場で10年以上看護師をしています。狭い視点に捉われがちな自分を変えたくて、「仕事+好きなコト」で世界を広げています。ブログでは、「看護師としてもっと成長したい人」や「看護師以外に新しい可能性を拓きたい人」に向けて、【楽しく成長できるコツ】を紹介しています!毎月1日&毎週土曜日にブログを更新しています。ぜひ、楽しんで頂ければ幸いです♪