【好きの基準】誰といるときの自分が好き? 蒼井優ちゃんの言葉から考える

 

こんにちは。いえだ ゆうです!

 

子育てしつつ、現場で10年以上看護師しています。

 

狭い視点に捉われがちな自分を変えたくて、「仕事+好きなコト」の世界を広げています。

 

「このゆびナースブログ♪」では、「看護師としてもっと成長したい人」や「看護師+新しい可能性を拓きたい人」に向けて、【楽しく成長できるコツ】を紹介しています!

 

今回は、好きな言葉の世界!

 

最近、南海キャンディーズの山里さんと結婚された蒼井優ちゃん。

二人の結婚を祝福する記事をよくみかけますが、その中にあった記事の内容で「記録に残しておきたいな~」と思う内容がありましたので、書き留めておきたいと思います。

1.誰と一緒にいる自分が好き?

 

 

山ちゃんと蒼井優ちゃんの結婚に関する記事の中で見つけた、蒼井優ちゃんがヒャダインさんに語った言葉。

「『誰を好きか』より『誰といるときの自分が好きか』が重要らしいよ」

 

この言葉に共感したんですよね。

 

人を好きになる基準って色々あると思うんです。

 

その中の基準として、「相手と一緒にいる自分が軸になっている感覚っていいな~」と思ったんですよね。

 

相手の一部分を見て好きと思っても、違う一面を知って幻滅してしまう時ってありますよね(>_<)

 

色々な顔を知っても、その人と一緒にいる時の自分がどういう状態なのか?

 

その感覚を大事にするっていいな~と。

 

一人の人間であっても、とことんがんばる時、疲れ果てて寝まくる時、楽しいとき、嬉しいとき、悲しいときなど、色々な顔がありますよね。

 

どんな自分も自分なので、「その都度の自分でいられる相手が居心地がいいな~」と。

 

だから、顔がいいとか容姿がいいとかお金もちとかよりも、「自分がのびのび自由になれる相手に出会えたら離したらダメなんだろうな~」と!

 

もし、あなたが「この人といる自分が好き」と思える人と出会えたら、それはもしかしたら運命の人かも?!

 

 

自分の気持ちに向き合ってみてはいかがでしょうか?

 

「『誰を好きか』より『誰といるときの自分が好きか』」

 

とっても好きな言葉になりました!

 

こちらの記事もオススメです♪

【上手くいく】夫婦円満の秘訣は、『祝婚歌』の詩に学べ!仲良し夫婦でいるコツ!
夫婦関係がギクシャクし始めた時に、冷静になれるお助けアイテム!それは、『祝婚歌』という詩に書かれた言葉たちです。相手を受け入れにくい時。心の整理にこの詩から、パワーをもらっています。ぜひ、「私は正しくて、相手は間違っている」という考え方をしがちなあなたに、読んでほしい。

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

いえだ ゆう

子育てしながら、現場で10年以上看護師をしています。狭い視点に捉われがちな自分を変えたくて、「仕事+好きなコト」で世界を広げています。ブログでは、「看護師としてもっと成長したい人」や「看護師以外に新しい可能性を拓きたい人」に向けて、【楽しく成長できるコツ】を紹介しています!毎月1日&毎週土曜日にブログを更新しています。ぜひ、楽しんで頂ければ幸いです♪