中堅看護師以上に求められる能力とは? 小さな現場変革力を身につけよう!

 

みなさん、こんにちは。いえだ ゆう(プロフィール)です!

「”いえだゆう”のこの指とーまれ♪」(略して、このゆび)ブログ(プロフィール)にご訪問頂きありがとうございます。

 

いえだゆうが考える「中堅看護師以上に求められる能力」とは何か?

 

それは、「小さな現場変革力」です。

 

つまり、現場で起こる問題を解決できるナース!のことを指します。

 

と言われても、「そんな面倒くさい事は、管理職がやったらいいやん!」と思っていませんか?

 

管理職が問題解決に取り組むことは、もちろんですよね!

 

でも、

管理職だけでなく、現場で働いている看護師だから気づける問題ってたくさんあると思うんです。

現場には、絶えず問題がゴロゴロしていますから

 

そのような問題に気づいた看護師が、現場の問題点について、自分の熱い思いを伝えていく。

必ず、同じ思いを抱いている人が一人か二人はいるはずです!

その仲間と協働で現場変革を目指していきましょう(^^♪

 

現場の看護師さんが、現場を良く出来れば、働く職場は絶対によくなります!

 

私は、管理職ではありませんが(^^ゞ、

3年前から、カンファレンスという方法を用いて、小さな現場変革を実践し続けており、数名の協力者から始まった小さな変革が、数十名に増え、年々、協力者が集まっています。

大変ですが、年々働く事が面白くなっています♪

 

「いやいや、現場変革って、そんなこと言われても…」と思ってしまいますよね。

 

そんなあなたは、きっと、大きなことを考え過ぎているんだと思います。

 

私がおすすめしていきたいのは、小さな現場変革!

今回は、「その初めの一歩で必要な能力」についてお話していきますね。

*あくまでも、いえだゆうの個人的な経験にもとづくものであることをご理解頂き、読み進めて頂ければと思います。

 

1.悩み多き看護師は、問題解決力を養おう!

 

看護師として働く中で、今後のキャリアの方向性について悩んでいる看護師さんを多く見てきました。

新人の頃は、できる看護師になるために、毎日必死ですが、仕事ができるようになってきた4年目以降。

看護師さんは、新たな自分の経験値や実践力を高めることを考えて、転職するケースが多いようです。

 

やりたい夢に向かって羽ばたく転職は素敵だと思います。

 

しかし、ここの現場が嫌だから、ここの人間関係が嫌だから、転職を繰り返す。

 

どこの職場に行っても、自分が働きたいと思う職場とは感じられず…。

年齢を重ねた時、あなたは、どんな職場で働いているか想像できますか?

 

あまり、いいイメージを抱けません(>_<)

 

ここで、私が提案したい考え方は、現場や組織に問題を感じているなら、自分で解決できるナースを目指そう!」ということです。

 

その理由は、

  1. 不満を感じているということは、問題に気づいている。
  2. 転職を繰り返してきたあなたは、人生経験が豊富で、視野が広い。
  3. 凝り固まった考えではなく、柔軟な考えを持っている。 

 

以上の理由で、不満を抱えているあなたには、問題が見えているのです。

その問題に対する不満を、「こうすればもっと良くなる」という発想に切り替えて、あなたの考え方を浸透させていきましょう!

新しい風がふきますよ(^^

 

 

2.現場変革の経験は、どのキャリアにも活かせる!

 

看護師のキャリアって様々にありますよね。

  • 認定看護師や専門看護師など特定の分野に進む
  • 管理職になる
  • 大学で研究する
  • 現場のスペシャリストになる
  • 企業で働く
  • 訪問看護師として働く
  • 派遣やパートなどで働く

 

などなど、数え上げるときりがないくらい、様々な道があります。

 

でも、どこの職場に行っても、問題は必ずあります。

現場経験のある人が、現場の問題を解決する。

すると、現場のモチベーションは必ず上がります。

 

誰だって、単調な業務をこなすだけより、自分たちが経験してきた能力や知識を、自分たちが働いている場に還元したいと思うはず。

 

でも、これは、経験してみないと分からない感覚です。

だから、やってみてください(^^

実際にやってみたら、しんどいし、分からないし、悩むし、いっぱい失敗するし。

こんなことに取り組むんじゃなかったと思う時もありますが(^^ゞ

自分の目指す場に近づく過程を経験すると、仕事のモチベーションは高まります!

 

そして、その中で、「どのようにすれば次に上手く進められるのか?」という感覚がつかめていけるんですね。

 

 

3.中堅以上の看護師が磨くべき能力とは?

 

この記事を読んでおられる方は、新人さんではないと思います。

現場の経験があり、能力もあり、でも、どの道に進んでいけばいいのか分からない。

あなたは、どの道のプロになろうか悩んでいませんか?

 

もしかしたら、技術力はたけていても、

人間関係にトラブルを抱えている人がいるかもしれない。

 

「現場変革と言われても、何から始めていけばいいの?」と思われますよね。

 

そんなあなたにおすすめな考え方は、

ハーバード大学の教授であるロバート・カッツ氏が、提唱している考え方です。

(1)テクニカルスキル(業務遂行能力)

(2)ヒューマンスキル(対人関係能力)

(3)コンセプチュアルスキル(概念化能力)

 

仕事を始めたばかりの看護師は、テクニカルスキルを獲得することが一番に求められます。

その後、経験を重ねるにつれて、テクニカルスキルだけではなく、ヒューマンスキルやコンセプチュアルスキルが求めらえるようになります。

 

中堅看護師は、ヒューマンスキルの獲得が重要になります!

看護技術を身につけた中堅以上の看護師に必要な能力!「ヒューマンスキル」ってなーに?
ロバート・カッツ教授が提唱されたマネジメントに必要な能力!その中のヒューマンスキル(対人関係能力)の向上が、中堅以上の看護師さんに大事になってくると考えています。ところで、ヒューマンスキルって一体なーに?7つの顔や7つの種類をご紹介いたします!

 

詳しくは、リクルートマネージメントソリューションズ

👉「マネージャーのヒューマンスキルについて考える」を読んでみて下さい!

 

 

あなたは、技術や専門性を高めることに精一杯になっていませんか?

 

さあ、思考のチェンジが必要です。

 

これからのあなたは、テクニカルスキルを維持しつつ、「ヒューマンスキル」を高めていく!

 

いろいろなことを学ばなければならないので、とってもしんどいです。大変です。

でも、これからの看護師に求められる能力になってくると思います。

 

いえだゆうも学びを深めていきたいと思っています。

一緒に学び&実践していきたましょうね!

 

 

4.まとめ

 

あなたは、どんな看護師像を描いて働いていますか?

 

いえだゆうが中堅ナース以上に必要な能力は、「現場変革力」だと考えています!

 

今、目の前で感じている問題はありますか?

あるとすれば、あなたは、その問題にどのように関わっていますか?

 

一度、その問題に向き合ってみませんか?

 

その小さな一歩が、あなたの扉を拓きます。

 

さあ、いえだゆうと一緒に看護現場をよくしていきましょう(^^

看護師さんのパワーは絶大です!

 

Let’s  enjoy  看護!

 

 

ヒューマンスキルに関連したこちらの記事もオススメです!

「プロの極意」をインタビュー☆プロフェッショナル東田一人教授に学ぶ「コーチング」予告編
夢への階段をのぼり始めたけど、道に迷ってばかり。そんな時には目の前を照らしてくれる光がほしい!そんなあなたに「プロの極意」をお届けするインタビュー企画!今回は、コーチングのプロフェッショナル 東田一人教授に「プロの極意」についてインタビューさせて頂きました!まずは、予告編をご覧下さい!
「プロの極意」をインタビュー☆京都大学:内藤知佐子先生(看護師 )に学ぶ「ファシリテーション」予告編
夢への階段をのぼり始めたけど、道に迷ってばかり。そんな時には目の前を照らしてくれる光がほしい!そんなあなたに「プロの極意」をお届けするインタビュー企画!今回は、ファシリテーションのプロフェッショナル 内藤知佐子先生に「プロの極意」についてインタビューさせて頂きました!まずは、予告編をご覧下さい!
看護現場で失敗経験を重ねながら磨いてきたリーダーシップ 自分の経験&学びから伝えたい5つのコト!
いえだゆうは、看護現場で失敗経験を重ねながらリーダ-シップを磨いてきました。悩んでいる最中は、本当にどうすればいいのか分からず、リーダーシップに関するセミナーを受講したこともあります。今回は、自分の経験&学びから伝えたい5つのことをまとめました。何かの役に立つことを願って書きました。

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

いえだ ゆう

わんぱく男児の育児に奮闘しながら、「ナース・ブロガー・インタビュアー・個人起業」のパラレルキャリアを開拓中!2017年から、「ワクワク・ドキドキ。好きなコト♪」をテーマに活動する「このゆびブログ♪」を運営。様々な人との出会いや経験、言葉から得られた学びをブログに書いています。イラスト担当かげちゃんの絵とともに楽しんで頂ければ幸いです!