「ママ看護師ゆうの部屋」3人のママ看護師井出えりさん:海外で働いてみて気づいた「人の温かさ」と「日本の晴らしさ」

 

看護師のあらゆる可能性を応援する情報メディア『看護+ONE』へようこそ!

 

『YouTube対談番組:ママ看護師 ゆうの部屋』

 

今回のゲストは、3人の子どもを育てながら働く『ママ看護師 井出えりさん』です。

 

対談の中で、えりさんから「子どもの頃から夢だった海外で働く」夢を叶えられたえりさんのお話を聞かせてもらってます。

 

海外で働くということにチャレンジしてみて、どんな学びがあったのか紹介したいと思います。

 

 

1.海外で働いてみて気づいた「人の温かさ」と「日本の晴らしさ」

 

井出えりさんとは?

えりさんは、大学・大学院時代は、看護師になるかずっと悩んでいました。

 

しかし、大学院時代にアルバイト先で出会った助産師さんの献身的な看護を目の当たりにして、「看護って、こんなに熱いんだ」、「私もこんな看護ができるようになりたい」と思い、看護師になることを決意しました。

 

そして、看護師として、国内の高度救命センター・オーストラリアの病院で働いた後、現在は結婚して子育てをしながら地域医療に取り組まれています。

関連記事

  あらゆる看護師の可能性を応援する情報メディア『看護+ONE』へようこそ!   「看護+ONE」が運営している「看護+ONE大学(YouTube)」対談番組:ママ看護師ゆうの部屋のお知らせです♪ […]

 

井出えりさんからのアドバイス

えりさんは、看護師として3年働いたのち、子どもの頃からの夢だった「海外で働く」という夢を叶えられました。

 

まずは、夢を叶えるための準備をととのえたこと。

1.英語力

2.手続き

3.資金

 

3つを準備して海外へ。

 

実際に海外に行ってみると、オーストラリアは多様な国籍の人がいてる国であり、とても好意的に受け入れられたとのことでした。

そして、ホストマザーやナーシングアシスタントとして通った方々との出会いなど。

色々な人との触れ合いがえりさんの心の支えになっていったそうです。

 

一方で、海外で働いてみたことで、日本の看護の素晴らしさに気付かれたという発見も。

 

海外の看護がよければ永住したいという思いもあったようですが笑

日本の細かな気配りや配慮、そして継続的に患者さんのために色々な支援をしている看護がえりさんには合っていたようで日本に帰国されました。

 

様々な人との出会いを通して、さらにパワーアップされたえりさん。

 

帰国後は、どんな形で看護と関わられたのか?

 

続きをお楽しみに―(^^♪

 

 

対談では、以下の項目にそって話を聞かせて頂きました!

 

  1. 00:00 イントロ
  2. 01:00 ゲスト登場:井出えりさん
  3. 01:35 海外で働きたいと思ったきっかけは?
  4. 03:25 海外に行くまでに準備したことは?
  5. 04:40 海外に行ってみて感じたことは?
  6. 05:37 海外ではどんな仕事してた?
  7. 07:35 仕事の中で一番印象に残ってることは?
  8. 08:30 海外で働く夢を叶えてどう思っている?
  9. 11:24 海外で働いてみたい人へのアドバイス
  10. 13:30 まとめ

 

動画はこちら

 

▼井出えりさんのFACEBOOK

Eri Ide | Facebook

 

▼丸子中央病院

丸子中央病院 (特定医療法人 丸山会) | 長野県 上田市の病院 (maruko-hp.jp)

 

 

☆☆2022年1月〜☆☆

看護プラスONE大学(YouTubeチャンネル)

対談番組:ママ看護師ゆうの部屋は、いろんなジャンルの方をゲストにお迎えして、看護や人生に役立つヒントをお届けする番組です!

毎週水曜日10時~:専門家

毎週土曜日10時~:看護師

 

ぜひ、チャンネル登録よろしくお願い致します♪

YouTube

看護プラスONE大学とは、 看護師がいろいろな分野で活躍する人の人生に触れることであなたの世界を広げることを目指していま…

最新情報をチェックしよう!
>「看護+ONE」オンラインサロン

「看護+ONE」オンラインサロン

夢を語る看護師が増えています!看護の枠を超えていろいろな仲間に出会えるオンラインコミュニティ!

CTR IMG