【看護師の対話力が高まる】看護現場で役立つ!価値観の違いを埋めるコミュニケーションのポイント!

 

こんにちは。いえだ ゆうです!

 

子育てしつつ、現場で10年以上看護師しています。

 

狭い視点に捉われがちな自分を変えたくて、「仕事+好きなコト」の世界を広げています。

 

「このゆびナースブログ♪」では、「看護師としてもっと成長したい人」や「看護師+新しい可能性を拓きたい人」に向けて、【楽しく成長できるコツ】を紹介しています!

 

あなたは、看護現場で「チームの意見をまとめるためのコミュニケーションって難しい」と思ったことありませんか?

 

今回は、ヒューマンスキル(対人関係能力)を高めることにつながる「コミュニケーション」について、考えていきたいと思います。

 

1.コミュニケーションの前に知っておくべき視点。

 

社会人になると、職場には、色々な立場の人がいて、色々な考え方の人がいます。

 

その結果、チーム力が求められる看護師には、色々な方とのコミュニケーション力が求められます。

 

でも、

一緒に働いているけど、何を考えているのか分からない。

自分の意見と相手の意見と違っていたら、気まずくなるから何を話せばいいのか分からない。

 

このような思いを抱いたことありませんか?

 

ナースも個性豊かで、価値観もさまざま。周りにいる専門職の人々もさまざま。患者さんの人生もさまざま。

 

様々な人々と交わる時に気をつけること!

それは、「みんな価値観が違う」ということを理解しておくことです。

 

 

2.対話力を高めよう!

 

では、「価値観が違う人と社会で働くためのコミュニケーション」って、どうすればいいのでしょうか?

 

10年前に受講した平田オリザさんのワークショップでの学びを紹介したいと思います。

 

それは、コミュニケーション力には、対話力が重要という考え方です。

 

今回は、平田オリザさんから学んだ「会話」と「対話」の違いを例に出して、考えていきたいと思います。

 

平田オリザさんの定義する「会話」と「対話」の違いについて、引用させていただきます。

平田オリザさんは、「会話」と「対話」の違いを以下のように定義しています。

 

「会話」=価値観や生活習慣なども近い親しい者同士のおしゃべり。

「対話」=あまり親しくない人同士の価値観や情報の交換。あるいは親しい人同士でも、価値観が異なるときに起こるそのすりあわせなど。

 

引用:平田オリザ 「わかりあえないことから」(講談社現代新書)

 

「話が合うな~」と思う人は、大体、あなたと価値観が似ているんです。

 

だから、「あうん」でわかり合える関係性って楽なんですよね(^-^)

 

なので、意見もまとまりやすいんです。

 

でも、社会で働くとなると、色々な価値観の人と出会います。

 

そこで、必要になってくるのが、「対話力」なんです。

 

続いて引用。

「対話」は、AとBという異なる2つの論理が摺り合わさり、Cという新しい概念を生み出す。

 

AもBも変わる。

 

だが、こういった議論の形に日本人は少し苦手だ。

最初に自分が言ったことから意見が変わると、何か嘘をついたように感じてしまうのかもしれない。

あるいはそこに、敗北感が伴ってしまう。

 

「対話的な精神」とは、異なる価値観を持った人と出会うことで、自分の意見が変わっていくことを潔しとする態度のことである。

引用:平田オリザ 「わかりあえないことから」(講談社現代新書)

 

 

価値観が異なるから話したくないではなく、価値観が異なるから話し合いを続けていくことが大事なんです。

でも、一生懸命あなたの思いを伝えていても、相手がなかなか理解してくれなければ、疲れるし、面倒になってくるんですよね。

 

だから、「何でわかってくれないんだろう?」「どうせ、わかってもらえない。」「話しても同じ」という思いに変わって、相手と話したくなくなってくるんですよね。

 

でも、それではよりよい解決はうまれないし、チーム力が高まることはないんです。

 

いえだゆうも現場で鍛えている最中です(。・ω・。)

 

基本的に前を向きながら、たまには後ずさりしながら、気分を変えて頑張っています(笑)

 

対話力には、かなりの忍耐力がいりますが、「価値観が変わっていくことが面白い!」、「新しいことが生まれていくことにワクワクできる」体質になっていけたらすごいですよね♪

 

 

3.まとめ

 

看護師のみなさん。毎日、現場で業務に追われて、お疲れ様です!

 

一生懸命やっているのに、やるべきことが多くて大変ですよね(>_<)

 

でも、対話を心がけると、チーム力が上がって仕事が円滑に進み、あなたの疲れも改善されるはずです!

 

ぜひ、あなたの職場で対話を心がけて見てくださいね!

 

あなたが変わると、周りが変わり、現場が変わります!

 

コミュニケーションのカギは、「対話力」にあり!

 

わかり合えない人がいる現場に身を置いているあなたは、コミュニケーション力を磨くチャンスです\(^_^)/

 

ビバ!ハッピー対話力♪

 

☆あなたが現場に問題や不満を抱いているなら、問題解決力を磨いてみませんか?

【問題解決力を磨く】中堅看護師以上に求められる能力! 小さな現場変革力を身につけよう!
新人時代を過ぎたら、看護師はどの道に進んだらいいのでしょうか?看護の道は、多岐にありすぎて悩みますよね。裏を返せば、それだけ可能性が豊富だということ!現場で働く中堅看護師さんには、仲間を見つけて、小さな現場変革を目指してほしい!きっと、現場がよくなります(^^♪

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

いえだ ゆう

子育てしながら、現場で10年以上看護師をしています。狭い視点に捉われがちな自分を変えたくて、「仕事+好きなコト」で世界を広げています。「看護×ママ×人生を楽しむ♪」というテーマで、看護師・ママ・自分の夢を叶えたい方に向けて、【楽しく成長できるコツ】を紹介しています!毎月1日&毎週土曜日にブログを更新しています。ぜひ、楽しんで頂ければ幸いです♪