看護師の新しい生き方を応援する情報メディア『看護+ONE』

【宇津崎光代STORY】1章:ミセスリビング代表:宇津崎光代の原点。「家族ってなーに?」

 

こんにちは。いえだ ゆうです!

 

看護師による看護師のための新しい生き方を応援する情報メディア『看護+ONE』を運営しています。

インタビュー:マイストーリー

いえだゆうが人生の大先輩にお会いし、幼少の頃から今に至るまでのお話を聞かせて頂き、魅力開花のコツを学ばせて頂こう、という企画です♪

 

 

今回のゲストは、株式会社ミセスリビング代表:宇津崎光代さん です。

 

宇津崎光代さんは、「家事・子育て・介護が楽になる『住育の家』」のプロデュースやコンサルタント、本の出版、講演活動などに邁進されており、73歳の今も現役で元気にバリバリ活躍されています。

 

あなたは、家の中で下記のような悩みを抱えていませんか?

  • 家の中が散らかっている
  • なぜか家事に時間がかかる
  • 子どもや旦那が何にも手伝ってくない
  • 家族とコミュニケーションする時間がない
  • 家の居心地が悪い

 

宇津崎光代さんは、住まいや家族の問題に向き合ってこられたプロです。

 

宇津崎さんの人生に触れて、「今まで気づいていなかった『住まい』や『家族』の問題に気づいたり、『家』にいる時間がもっと好きになるきっかけになればいいな~」と思っています!

 

これまで紹介したSTORYはコチラ↓

【宇津崎光代STORY】序章:住まいが変われば家族が変わる!住育で幸せを生み出すお母ちゃん「宇津崎光代さん」に会ってきました~♪ (iedayuu.com)

 

1章では、幼少の頃のお話を描いていきます!

 

早速、宇津崎光代さんのマイストーリーをお楽しみ下さい♪

 

※本文では、宇津崎光代さんのことを「お母ちゃん」と記載させて頂いています。

1.厳格な父に育てられた幼少時代。家族の笑わせ役だった。

 

いえだゆう
子どもの頃はどんなお子さんだったんですか?
お母ちゃん
引っ込み事案でおとなしい子でした。
いえだゆう
今の元気印のお母ちゃんとは、全く印象が異なりますね。
お母ちゃん
いじめられっ子だったから。ただ、父が校長先生でとにかく厳しい人。家の中は暗いイメージで、その空気がイヤで家族の中では私はいつも笑わせ役になっていました。
いえだゆう
少しでも家の中が明るくなるように関わられていたんですね。
お母ちゃん
そうです。とにかく母が大好きだったんですよ。その母に笑顔になってほしい。そういう思いが強かったんです。

 

昭和の家族と言えば、厳格な父親像があり、逆らえない。

お母ちゃんのお父さんは、典型的な怖いお父さんだったようです。

唯一、お母ちゃんの存在が明るい光になっていたんですね。

 

2.私の名前の由来。それは、「ひかるのかわり」で「光代」なのよ。

 

いえだゆう
家族の光のような存在と言えば、お母ちゃんの名前のようですね。
お母ちゃん
「みつよ」っていう名前はね、すぐ上に「ひかる」という名の兄がいたんですけど、すぐに亡くなってしまったんです。その「ひかるのかわり」っていう意味を込めて、「私は光代」と名付けられたんです。
いえだゆう
そうだったんですね。
お母ちゃん
なので、私は兄の分まで元気に生きて、「母を助けたい」という思いが人一倍強いのかもしれません

 

お母ちゃんは幼少の頃から、母を「助けたい」、「幸せにしたい」と願ってこられたそうです。お母ちゃんのお母さんにとっては、頼りになる存在だったと思われます。

 

3.広い家にバラバラの家族。「家族ってなーに?」

 

いえだゆう
子どもの頃に住んでいた家はどんな感じだったんですか?
お母ちゃん
とにかく広い家で、たくさんの部屋がありました。部屋に入ると誰がどこにいるのか分からない感じです。
いえだゆう
どんな風に過ごされていたんですか?
お母ちゃん
家族がバラバラで過ごしている感じでした。
いえだゆう
今のお母ちゃんが提唱されている「幸せ家族」とは異なりますね。
お母ちゃん
だからかな、「家族って何だろう?」と知らぬ間に自分に問いかけていた気がします。

 

バラバラだった家族の姿が、お母ちゃんに「家族ってなーに?」という疑問を投げかけていたそうです。

その問いは心の奥底にしまわれ、くすぶり続けていました。

 

4.まとめ

 

「幸せ家族を増やしたい」と願い、73歳になってもバリバリと活躍されているお母ちゃんの原点を描いてきました。

 

「母を助けたい」「母を幸せにしたい」という思いがお母ちゃんの心の中心にあり、お母さんに笑顔になってもらうために一生懸命でした。

 

でも、家族はバラバラ。

 

どうして「家族がバラバラ」と感じてしまっていたのでしょうか?

 

どこに原因があったのでしょうか?

 

その答えは、次章で明らかになります!

 

 

さて、あなたの家族はどんな家族ですか?

 

 

一度、考えてみてはいかがでしょうか?

 

 

2章を楽しみにしておいてくださいね!

 

 

PR
最新情報をチェックしよう!
>
CTR IMG