看護に悩んでいる人には看護で。新しい分野にチャレンジしたい人には看護以外で。看護師の看護師による看護師のための新しい生き方を応援する情報メディア『看護+ONE』

【東田一人STORY】3章:コーチング起業社長!東田一人が、今、思うコトと読者へのエール!

 

こんにちは。いえだ ゆうです!

 

看護師による看護師のための新しい生き方を応援する情報メディア『看護+ONE』を運営しています。

インタビュー:マイストーリー

いえだゆうが人生の大先輩にお会いし、幼少の頃から今に至るまでのお話を聞かせて頂き、魅力開花のコツを学ばせて頂こう、という企画です♪

 

第1回目のゲストは、株式会社フォーサイト代表取締役社長 東田一人さんです。

東田一人さんとは、株式会社リクルートおよび同グループにて、長年、人事・採用を担当され、人材育成の風土・企業文化の礎を築かれた方で、現在は、25年勤めたリクルートから独立され、経営者・管理職・未来の管理職候補まで、幅広い人材を対象に、「リーダーを育て、リーダーを取り巻く部下や家族も幸せにする!」を信念にプロのコーチとして活躍されています。

 

会社員生活でコーチングという天職に出会った東田一人さんは、「扉がひらかれていく感じ」で起業人生をスタートされました。

起業社長として成功している東田一人さんが、今、思うコト。

そして、ブログ読者のみなさんにエールを語ってくれました。

 

いえだゆうと一緒に東田一人さんの人生から魅力開花のコツを学ばせて頂きましょう♪

 

1.使命とは、バトンをつなげていくこと。それが大事。

 

いえだゆう
コーチングに出会った時が、東田一人さんの人生が線でつながった時ですか?
東田さん

そうだね。その場その場で興味あることに向かって進んできたんだけど、結局、全部つながってたというか。

後から振り返ってみると、結局、全部線でつながってるわー。

だから、遠回りしたんだけど、遠回りしてよかったなって。

これが自分の天職(コーチング)だ!これで生きていこう!と思ったんだよね。

 

第一章では、東田一人さんの原点は、小学生の頃の原体験「嫌いだったお父さんの人を助けたいという仕事に対する熱い思いを初めて知ったこと」にありました。また、学生時代の印象深い出来事として、悩み相談を受ける機会が多く、「相手の話を聞くのが好きだった」というエピソードを話して頂きました。

関連記事

  こんにちは。いえだ ゆうです!   看護師による看護師のための新しい生き方を応援する情報メディア『看護+ONE』を運営しています。 インタビュー:マイストーリー いえだゆうが人生[…]

 

 

第二章では、部下の心が分からなくなった会社員時代の失敗体験から、「熱烈に相手の話を聞く」というスタイルを取り入れ、部下の心を掴まれました。その後、自分のスタイルが通用しない部署に異動になった時に、悩んだ末に選択した道は、相手の話を聞くことで可能性を拓くコーチングに辿り着かれました。

関連記事

  こんにちは。いえだ ゆうです!   看護師による看護師のための新しい生き方を応援する情報メディア『看護+ONE』を運営しています。 インタビュー:マイストーリー いえだゆうが人生[…]

 

その場その場で、興味あることに向かって進んできた東田一人さんですが、「コーチング」に出会った40代が転機となりました。

 

それは、「人を助ける」という自分の原点を発見し、小学生時代からコーチングに出会うまでの点と点が、線でつながっていく感じだったそうです。

 

その後は、お父さんから、「人を助ける」というバトンを受け取り、今の東田一人さんは、コーチング起業社長として「リーダーを育て、リーダーを取り巻く部下や家族も幸せにする!」ことを使命に、一生懸命、走っておられます。

「使命とは、バトンを受け継ぎ、繋げていくこと。それが大事!


使命を果たそうと一生懸命走るけど、上手くいかず悩む。

その時に、自分が取り入れ、大事にしたスタイルや考え方。

それが、天職につながっていくのかもしれません。

 

 

2.今の自分は、ほんやくしゃ。分かりやすい表現を見つけ出すこと

 

いえだゆう

セミナーの中で、『リーダーのステップ「自分を知る」「自分を変革する」から始まり、「チームを変革する」「社会を変革する」に発展する』という考え方を教えて頂きました。

東田一人さんの場合、コーチングに出会った時が、リーダーシップの階段でいう「Find yourself =自分を知る、Lead the self=自分を変革する」時ですか?

東田さん

あの階段ってさ、何十個もあると思うんだよね。

たとえば、「Find yourself=自分ってこうなんだ!」って思った瞬間って、就活の時、会社の中で迷った時など、様々な局面で思ってきたんだけど、変わったり、どんどん大きくなったりしていくと思うんだよね。

一つずつの階段がどんどん大きくなっていくイメージかな。

だから、一回登るだけじゃなく、ぐるぐる回っているの。

 

 

「リーダーシップの階段の説明」↓↓↓

ビジネスブレークスルー大学のチームリーダーシップアクションプログラムHP参照

 

そっか!一つの階段を登れたら、次の階段に登って下りることはないと思っていましたが、私たちの日常生活をみてみると、興味のあることに向かって進んでみたり、あきらめたり(^^ゞ

階段を登ったり下りたりを繰り返している。

その繰り返しの中で、どんどん自分のイメージが明確になっていくんだ!と、いえだゆうは、思いました。

 

そして、「今の自分は、一言でいうと、ほんやくしゃ。」と語られました。

 

集合研修で、私たちに「自分とは何者なの?」と語っていた東田一人さんは、常に自分自身にも、問いかけ続けておられるんだろうなという印象をうけました。

 

だから、今の自分を自分の言葉で表現できる

 

色々な人が色々な切り口で色々なことを言っているけど、伝えたい真理は同じだそうです。

 

ただ、その真理って難しかったり、分かりにくかったりするから、その考え方を分かりやすく伝わりやすい表現に言い換える。

 

そういう“ほんやくしゃ”という役割を担うべきだと思っておられるそうです。

 

 

 3.今だけにとらわれるな。3回生まれ変われるとしたら何がしたい?

 

いえだゆう
最後に、「魅力を開花したい」と思ってる私たちにエールの言葉をもらっていいですか?
東田さん

「あなたが、あと3回生まれ変われるとしたら、その3回で何がやりたいですか?」

今だけの自分をみると、何もできないと思ってしまいそうですが、あと何回も何回も生まれ変われるとしたら、あなたはその長い人生の中で何をしたいですか?

もっと長い期間で見た時に、どんなことをあなたはやり遂げたいですか?」

 

 

「3回生まれ変わる」そんな長い人生があるとしたら、その中で自分が成し遂げたいコト!

 

そんな長いスパンで自分のやりたいことを考えたことはありませんでした(>_<)

「私なんて」って思ってしまってる人は、もしかしたら、現在の自分しか見えてないのかもしれません。

現在の自分だけにとらわれず、もっともっと長い期間で自分がやりたいことに向き合ってみる。

 

この世に生まれてきた使命。

一体どんな使命が、私たちの奥底に眠っているのでしょうか?

そんな奥底の思いを少しでも解放させていきたい!!!と、いえだゆうは思いました。

 

4.いえだゆうの学び

 

序章・1章・2章・3章にわたって、東田一人さんの少年時代から、起業社長に至るまでの人生を旅してきました。

 

『いえだゆうが、東田一人さんの人生から学んだ一番大きなこと』

 

それは、自分を知ることの大切さ。

 

でも、その「自分を知る」ということは、簡単なことではなく、一本道ではたどり着けない。

 

回り道をしながら、長い時間をかけて色々な経験を積み、たどり着けるもの。

「あと、3回生まれ変われるとしたら、その3回で何がやりたいですか?」

それくらい長い目で、自分のやりたいことに向かって、地道に進んでいれば、いつか、自分に合うスタイルを発見し、魅力を開花する時がくるのではないでしょうか?

 

自分はどんな人?どんなことに興味ある?を問いかけ続け、実践する。

 

色々な可能性を信じ、色々な扉を拓いて進んでいければ…、あふれんばかりの魅力が開花されるかもしれません(^O^)/

 

東田一人さんの人生について聞かせて頂けるチャンスに恵まれ、いえだゆうはとても幸せでした。

その幸せを一人でも多くの人にお届けしたい!

そんな思いでブログを書いてきました(^O^)/

 

東田一人さんの人生を旅する中で、あなたはどんな自分に出会われましたか?

その出会われた自分の思いや考え方が、あなたの魅力を開花させるヒントにつながっています!!!

あなた自身の旅が豊かなものになることを願っています。

 

 

5.告知

 

今後、東田一人さんの人生をリーダーシップという視点で学び直していきたいと思います。

リーダーシップのカテゴリーでアップしています!

記事は、下記になります(^^♪

ぜひ、読んで見て下さいね~♡

関連記事

  こんにちは。いえだ ゆうです!   看護師による看護師のための新しい生き方を応援する情報メディア『看護+ONE』を運営しています。 新しいことにチャレンジしようと思ったら、リーダーシッ[…]

 

 

最新情報をチェックしよう!
>
CTR IMG