看護師の新しい生き方を応援する情報メディア『看護+ONE』

【夢みる力のフレーズが好き】『半分、青い。』 秋風羽織が書いた短い手紙の言葉は、心のノートに書き留めておきたい!

 

こんにちは。いえだ ゆうです!

 

ママでナースでブロガーしてます。

 

今回は、自分の好きな言葉の世界!

NHK連続TV小説『半分、青い。』の中で、少女漫画家:秋風羽織先生が主人公であるスズメと幼なじみの律くんに送った手紙の言葉が素敵すぎるので、ブログに書き残しておきたいと思います。

1.素敵な言葉に出会ったら、ノートに書き残したくなる。

 

いえだゆうは、昔から、素敵な言葉に出会ったら、ノートに書いて、その言葉を一人で口ずさんでは、喜んだり、泣いたり、ほっこりしたりする癖があります。

 

好きな言葉って、読んでいるだけで幸せになれるんですよね~♪

 

これまでノートに書いていたのですが、今後はブログに書いていきたいと思います!

 

 

2.律くんとスズメに送った短い手紙が素敵すぎる。

 

律くんとスズメに送った秋風羽織先生の短い手紙に書かれた言葉たちは、いえだゆう自身が何かに押しつぶされそうになった時にたびたび登場してくる言葉になると思いました。

 

そして、あなたにも、この素敵な言葉に救われることがあると思いブログに書いています。

 

なので、何かの時にこの記事がお役に立つことができればとっても嬉しく思います!

 

では、秋風羽織先生の手紙の内容をご紹介!

 

 

スズメ 律くん 元気だろうか?

 

短い手紙を書きます。

 

人生は希望と絶望の繰り返しです。

 

私なんか、そんなひどい人生でも大した人生でもないのに、そう思います。

 

でも、人には想像力があります。

夢見る力があります。

生きる力があります。

 

明日をこれからを どんなにひどい今日からだって、夢見ることはできます。

 

希望を持つのは、その人の自由です。

 

もうダメだと思うか、いや、行ける、先はきっと明るいと思うかは、その人次第です。

 

律くんとスズメにはその強さがあると信じています。

 

秋風羽織

引用:連続TV小説『半分、青い。』155回放送

 

3.まとめ

 

このゆび読者のみなさま。

 

いかがでしたか?

 

いえだゆうは、秋風羽織先生の短い手紙の言葉にしびれました\(^_^)/

 

この言葉は、書き残しておきたい!!!と思いました。

 

これからの人生の中で、迷いが生じたり、前に進めなくなってしまったとき。

 

絶望の中に彷徨っているとき。

 

想像力と夢見る力で乗り切っていけたらと思います!

 

 

人には想像力があります。

夢見る力があります。

生きる力があります。

明日をこれからを どんなにひどい今日からだって、夢見ることはできます。

 

このフレーズが一番好き!

 

あなたは、どの言葉が好きですか?

 

 

 

PR
最新情報をチェックしよう!
>
CTR IMG