看護師の新しい生き方を応援する情報メディア『看護+ONE』

桑原あずさに学ぶ処世術②「失敗や出来ない」は大きなチャンス!成功の種を見つけよう!

 

こんにちは。いえだ ゆうです!

 

看護師による看護師のための新しい生き方を応援する情報メディア『看護+ONE』を運営しています。

インタビュー:マイストーリー

いえだゆうが人生の大先輩にお会いし、幼少の頃から今に至るまでのお話を聞かせて頂き、魅力開花のコツを学ばせて頂こう、という企画です♪

 

今回のゲストは、academy sharing a.s.代表「桑原あずささん」です。

 

今回は、桑原あずささんの「マイストーリー」のインタビューの中で、「これは参考になる!」と思う内容がたくさんありました。

 

その内容を「桑原あずさに学ぶ処世術」として配信していきたいと思います!

『聞こえないチカラ』はコチラ↓

桑原あずさに学ぶ処世術①「聞こえないチカラ。」私は私。噂話で人を判断しない。 (iedayuu.com)

 

今回は、『「失敗や出来ない」は大きなチャンス!成功の種を見つけよう!』について書いていきます。

 

さあ、いえだゆうと一緒に、魅力的な人生の旅に出かけましょう(^_^)

1.「格好いい」「成功例」だけでは、人には響きにくい!

 

あずささんが講師業をお仕事にするようになった経験をお話してくれた内容から、次の学びがありました。

あずささん
講師をしていて思うことは、「格好つけたり、成功例ばかりを話している時って、受講者さんに響かないことが多い」という発見をしたことです。
いえだゆう
具体的にどういうことですか?
あずささん

講師も今に至るまでには、「格好いい話」や「成功例」だけではなかった時期があるはずなんです。なのに、今できる話ばかりをしていては、受講者さんは、「どうせできない」と思って終わってしまうことが多いんです。

 

確かに、受講生の人たちにとっては、先生ってすごい人って思って話を聞いていますよね。

 

なぜなら、今の自分ができていないことをすでに出来ている人だから。

 

そして、できない自分と比較すると、完璧で何でもできる人のように感じてしまいます。

 

その結果、受講生さんが、すごいと思えば思うほど、講師との距離を感じてしまうのかもしれません。

 

2.「失敗談」や「出来なかったこと」を打ち明け、学びのチャンスにする!

 

では、「格好いい」や「成功例」だけではなく、どんな顔を見せるのがいいのでしょうか?

みつえさん
思い切って「自分の失敗談」とか、「自分の出来なかったこと」を打ち明けてみる。
いえだゆう
思い切って「自分の失敗談」とか、「自分の出来なかったこと」を打ち明けてみる。

 

あずささん
自分の人となりにふれてもらうと、お互いの距離が近づくことってあるんですよね。
いえだゆう
あ、先生にもそんな時期があったんだと思えたら、受講生さんは救われますね。
あずささん

そうですね。「私はこんな失敗をしたことがあるから」とか、「こんなことが出来ない人間だから」ということをありのままに伝える。

すると、「自分には出来ない」と思っている受講生さんたちに、「そういう思いがあるからこそ、出来ることがあるんだよ」ということを伝えることができるようになるんですね。

いえだゆう
うんうん。

 

そして、あずささんにもそんな時期がありました。

あずささん
企業さんとのやり取りをするようになった時に、ビジネスマナーを全然知らなくて、たくさん恥をかいたんです。
いえだゆう
へー。私も全然知らないです。
あずささん
30代半ばで何も知らない大人になりたくないと思って、ビジネスマナーを学びにいったんです。

 

興味深いお話ですね。

 

「今の出来る自分」の話だけではなく、失敗していた時代や出来なかった時代の話も披露する。

 

すると、受講生さんは、今の自分と過去の先生との思いをつなげることが可能になり、距離が縮まってくるんですね。

 

そして、そこに気づいてもらうことで、今の先生と同じ位置に向かっていくことができるという応援の仕方が可能になるんですね。

 

重要な学びは、「失敗」や「出来ないこと」に向き合っている時期は、一番学べてチャンスの時ということですね\(^_^)/

 

3.「失敗」や「出来ない」をオリジナルにすると、成功の種になる!

 

もう一つ、とっても重要なことをあずささんから学ばせて頂きました。

ビジネスマナーを知らずにたくさんの失敗をしたあずささんが、ビジネスマナーを学びに行って感じたお話です。

あずささん

その時に感じたことは、自分の無知。「これまでなんて恥ずかしいことをしていたんだ」っていうことと、堅苦しい。

「こんなん毎日やってたら肩こるわ」と思いました。

いえだゆう
あははは。
あずささん
だから、「これを堅苦しくなくて、久しぶりに会社員になったママにも役に立つマナー講座として伝えられたら、もっと輝けるママが増えるんじゃない?」って思って。
いえだゆう
うんうん。
あずささん

自分のために受けにいったのに、「これをオリジナルにしたい!」と思って。オリジナルテキストを作って、ママ向けに発信し始めたんですね。

いえだゆう
おもしろい!
あずささん

ベビーマッサージ講座と同時に、子連れで受けれるマナー講座みたいな内容にして。すると、すごく人気になって。「お母さんたちから色々と学びたい!」って言われるようになりました。

いえだゆう
うんうん。
あずささん
そうしたら、「うちの会社でもやってほしい」って言われるようになったんです。

 

あずささんのストーリーから学べること!

 

それは、自分の「失敗」や「出来ない」をそのままにするのではなく、学ぶ機会に変えていくということでした!

 

そして、そこで学んだことをそのまま受け入れるのではなく、自分の経験や周りにいる人に照らし合わせてオリジナルにしてみる!

 

そのオリジナルが社会のニーズと合致していれば、あなたは、社会から求められる人になっていきます。

 

つまり、「失敗」や「出来ない」ことから学んだことについて、あなたが学んで役に立ったことを中心に伝えることができれば、そこに成功の種がかくれているかもしれませんね\(^_^)/

 

4.まとめ

 

読者のみなさま。

 

いかがでしたか?

 

「あー、また失敗した」「また、出来なかった」と思っている時期って辛いし、前向きになることなんて出来ないですよね。

 

でも、視点を変えてみると、それはチャンスの時なんです!

 

なぜなら、「失敗」や「出来ない」という思いを感じた時にしか学べないことがあるからなんですね。

 

これまで「魅力開花のコツを学ぶ」のインタビューをさせてもらってきた中で、「失敗」や「出来ないこと」をそのままにするのではなく、そこから自分らしさを発見したり、自分の永遠のテーマを発見される機会につなげていたり、失敗を大きな成功の機会へとつなげられているお話を聞く機会が多々ありました。

 

失敗から自分のテーマを発見されていく過程を書いた人気記事はコチラ↓

関連記事

  こんにちは。いえだ ゆうです!   看護師による看護師のための新しい生き方を応援する情報メディア『看護+ONE』を運営しています。 インタビュー:マイストーリー いえだゆうが人生[…]

関連記事

  こんにちは。いえだ ゆうです!   看護師による看護師のための新しい生き方を応援する情報メディア『看護+ONE』を運営しています。 インタビュー:マイストーリー いえだゆうが人生[…]

 

その時に、「自分が学びたい!」と思ったことを学びに行ける行動力があなたにあれば、いつか、その内容は、あなたの自信につながっていきます。

 

さて。読者のみなさま。

 

これまで、「失敗したー」とか「こんなこと出来ないー」と嫌になって放棄してしまっていることがあるかないか、考えてみてはいかがでしょうか?

 

そこに、成功の種がひそんでいるかもしれませんよ(^_^)

 

そして、桑原あずささんのように人気講師になりたい方!

 

ぜひ!あなたの「失敗」や「出来ない」を語って、あなたの人となりに触れる機会を作ってみてくださいね(^_^)

 

それが、人気講師への一歩目ですね!ファイト~♪

 

p.s. 桑原あずささんのマイストーリーから「魅力開花のコツを学ぶ」インタビュー記事もオススメです!

関連記事

  こんにちは。いえだ ゆうです!   看護師による看護師のための新しい生き方を応援する情報メディア『看護+ONE』を運営しています。 インタビュー:マイストーリー いえだゆうが人生[…]

 

 

 

 

 

 

PR
最新情報をチェックしよう!
>
CTR IMG