【人生が変わる言葉の習慣】「自分の感受性くらい 自分で守れ ばかものよ」!

 

こんにちは。いえだ ゆうです!

 

ママでナースでブロガーしてます。

ダイアリーでは、自由気ままに素直な思いを書いています!

 

今回は、学生の頃に出会い、衝撃を受けた『自分の感受性くらい』という詩について書いていきたいと思います。

この詩に出会い20年たちますが、今でも、パワーをもらっています(^^♪

 

1.衝撃を受けた言葉(詩)

 

突然ですが、あなたは、「自分の感受性くらい」という詩を知っていますか?

 

いえだゆうは学生の頃、なんとなく見ていたTVドラマで聞いた詩に、「頭をぽかん」と、殴られたような衝撃を受けたことを今でも覚えています。

 

その番組が終わると同時に、その詩を調べ、手帳に書き写し、当時のいえだゆうのバイブルになっていました!

 

その後、本屋で偶然、この詩が乗っている小さな詩集を見つけた時は、すごく嬉しかったことを覚えています(^^♪

 

 

2.時間に追われすぎると余裕がなくなる!

 

当時も今もそうなのですが、忙しくなりすぎると、自分に余裕がなくなり、人を受け入れられる幅が狭くなってしまいます(>_<)

 

その傾向は、仕事や子育てにも顕著にあらわれます。

 

つい些細なことでイライラしてしまいます(>_<)

 

あーダメです。。。

 

余裕がなくなってイライラしていると、人との関係性が悪くなってしまうのに。

 

3.「詩人:茨木のり子さんの言葉」に叱られにいく!

 

そして心のどこかで、「イライラしているなー」「気難しくなっているなー」と思う時。

 

茨木のり子さんの言葉に叱られにいきます。

『自分の感受性くらい』    茨木 のり子

 

ぱさぱさに乾いてゆく心を
ひとのせいにはするな
みずから水やりを怠っておいて

気難しくなってきたのを
友人のせいにはするな
しなやかさを失ったのはどちらなのか

苛立つのを
近親のせいにはするな
なにもかも下手だったのはわたくし

初心消えかかるのを
暮らしのせいにはするな
そもそもが ひよわな志しにすぎなかった

駄目なことの一切を
時代のせいにはするな
わずかに光る尊厳の放棄

自分の感受性くらい
自分で守れ
ばかものよ

 

 

時間に追われている時は、自分への水やりを怠ってしまいがちです。

 

「自分の感受性くらい 自分で守れ ばかものよ」

 

しなやかさを失ったときは、この言葉に叱られにいきます。

 

さあ、自分に、あふれんばかりの水をた~っぷりと、あげていきたいと思います(^^♪

 

あなたもぜひ、自分への水やりを大事にして下さいね!

 

 

PR
最新情報をチェックしよう!
>「看護+ONE」オンラインサロン

「看護+ONE」オンラインサロン

オンラインコミュニティで新しい世界を楽しもう♪

CTR IMG