1章:池田光穂の原点。自分の思いと異なる研究に出会って気づいた。俺は、人間のコトを知りたいんだ!

 

みなさん、こんにちは。いえだ ゆうです!

プロフィール♪ Who  is  いえだゆう?
いえだゆうのプロフィールです!「いえだゆうとは」「いえだゆうの夢」「いえだゆうの決意」という視点で書いています。「”いえだゆう”のこの指とーまれ♪」の活動を応援して頂けたり、仲間になってもらえると、この上なく幸せです(^^♪ ワクワク・ドキドキの夢の旅に出かけたい!そんなあなたに出会える日を楽しみに待っています♪

 

「“いえだゆうのこの指とーまれ♪”」(略して、このゆびブログ♪)にご訪問頂きありがとうございます。

「”いえだゆう”のこの指とーまれ♪」のプロフィール このゆびブログの詩と絵が出来たよ~♥
「”いえだゆう”のこの指とーまれ♪」(略して、このゆびブログ)のプロフィールです。いえだゆうは、このゆびブログで夢を叶えるために、200%の情熱を注いで、記事を描いています。いえだゆうの熱き思いと、このゆびブログの詩とかげちゃんの絵をお楽しみください♪

 

 

『好きなコトを仕事にしながら、社会の第一線で魅力を開花してる人にインタビュー』

 

今回のゲストは、大阪大学COデザインセンター教授・副センター長の「池田光穂教授」です。

 

序章では、池田光穂教授ご自身で書かれた素敵すぎる子ども向け自己紹介文をご紹介させて頂きました。

序章:大阪大学COデザインセンター「池田光穂教授」のSTORYを書く前に、素敵すぎる子ども向け自己紹介文をご紹介!
このゆびの人気企画!『好きなコトを仕事にしながら、社会の第一線で魅力開花してる人にインタビュー』 今回のゲストは大阪大学COデザインセンター教授・同副センター長の「池田光穂教授」です。序章では、池田光穂教授が書かれた「大人向け自己紹介文」と「子ども向け自己紹介文」をご紹介したいと思います!

 

1章では、池田光穂教授の子ども時代から研究テーマを発見するまでの時代を旅していきます。

どんな少年で、どんな道を歩んでこられたのでしょうか?

さあ、いえだゆうと一緒に、魅力的な人生の旅に出かけましょう(^_^)

 

. ヤンチャで落ち着きがなかった子ども時代

 

いえだゆう
子どもの頃の先生は、どんなお子さんだったんですか?

池田先生
生まれた直後は、仮死状態だったらしく。

助けようと必死になってる医師の顔におしっこかけて生まれてきたという逸話があるらしい。


いえだゆう
あははは。生まれてすぐそんなことってあるんですか?

池田先生
「そうやろう?生まれて、いきなりおしっこするとかあるんかな?」

でも、ずーっと、お母ちゃんがそう言うねんなー。

いえだゆう
へー。

池田先生
んで、仮死状態やったのは、肺にかげがあったからで、小児結核。

あんまり覚えてないねんけど、保護対象になってたらしい。

だから、1年に一回は病院に通ってた。

その影響もあったのか、母親に甘やかされて育てられたと思う。


いえだゆう
そうだったんですね。

何か制限とかあったんですか?


池田先生
子どもの頃は細かったけど、運動制限とかはなくて、まあ、ヤンチャやったね(笑)

 

落ち着きがなくて、あまのじゃくで、優等生タイプではなかったね。

 

今では、教授職についておられる池田先生ですが、ご自身が学生の頃は、先生の言うことを素直に聞く優等生タイプではなかったようです(笑)

小学生時代は、じっと座って集中することが難しかったそうで、ご自身で、「学習障害があったんやと思う」と語られていました。

 

しかし、学習障害があることを気にすることなくのびのび育った池田光穂先生。

お母さんのたっぷりの愛情が影響していたのでしょうか?

 

ここで、一つ疑問がよぎりました。

 

勉強嫌いと語られた池田光穂先生ですが、今では、大阪大学の教授。

 

はてさて、どのようにして、研究の道に進んでいくことになっていったのでしょうか?

 

2. 「大自然の中でニホンザルの研究」から、「実験室でネズミの研究」に変更

 

池田先生
中学・高校では、陸上に入ったんだけど、鳴かず飛ばずの成績で。

途中でハンマー投げに転向したの。

そしたら、近畿大会で5位になるくらいの好成績を残して。

中学・高校では、スポーツに情熱を注いでいたね。


いえだゆう
へ~。

スポーツマンだったんですね。

その後、大学進学は、どのように決められたのですか?


池田先生
「動物が好きだったので、「田舎で獣医になりたいな~」と思っていて。

でも、結局、進学できたのは、理学部生物学科でした。


いえだゆう
そこでどんな出会いがあったんですか?

これまでスポーツばっかりしてたんだけど、大学では、音楽鑑賞会というサークルに入って、音楽ばかり聞いていました。

そこで、出会った先輩の中に格好良い人がいて、気づいたら、子分になってました(笑)

「その人は、世のため人のために仕事するというより、好きなことをしようよ!」っていう人で、みんなで夜な夜な、いろんな夢について語り合いました。

そこから、「自分の関心のあることが研究できる大学の勉強って面白いな~」と思うようになって、熱心に勉強するようになりました。

 

人生、どこで、どんな出会いがあるか分かりません。

 

池田光穂教授が勉強に目覚めたきっかけは、「好きなことをとことんしようよ!」という先輩に出会ったことでした。

 

「世のための人のために仕事をしなければならない」と思い込んでいた池田光穂教授ですが、「自分が好きだ!」と思うことをとことんやってみたらいいんだ!という思いに変化してからは、目の前の勉強にのめり込んでいかれたそうです。

 

では、どんな研究に取り組んでいかれたのでしょうか?

 

池田先生
卒業論文では、ニホンザルの食べ物の研究をしていました。

大自然の中で暮らす猿が、どんな食べ物を食べて過ごしているのかという研究で、ニホンザルの動向をずーっと観察してました。

何百匹といる顔を覚えるのが大変で、数ヶ月かかりました。

いえだゆう
猿の顔を一匹ずつ覚えるんですか?

池田先生
そう。

慣れてきたら違いが分かるようになるんだけど、それまでが大変。

けど、大自然の中で過ごす何百匹のサルの様子を見て、多様性に触れられたことは、大きな学びになりました。


いえだゆう
その後、大学院では、医学科に進学されていますが何かきっかけがあったのですか?

池田先生
ちょうど大学の仲間と進路の話をしていた時に、友人が京都大学の水産学部で生物の研究をすることを知り、俺もやりたいと思って、真似して大学院を受けたの。

でも、倍率も高くて、最終的に受かったのが、大阪大学の医学科でした。


いえだゆう
へ~。それで、医学科に進学されたんですね。

池田先生
動物の行動に興味があって。

僕が入った研究室では、ネズミのバイオリズムの研究をしていました。

「ネズミに光を当てて、24時間より短いサイクルにすると、ネズミの行動はどのように変化するのか?」という実験をしていました。

暗い実験室の中に閉じこもって、ずっと、解剖したネズミと向き合っていました。

 

 

解剖室での研究スタイルから、池田光穂教授の研究テーマである「文化人類学」と、どこでどのような出会いがあったのでしょうか?

 

大学では、スポーツに明け暮れた生活から一転して、音楽三昧の生活。

そこで、出会った先輩との出会いがきっかけで、池田光穂教授は、大学での勉強の面白さに目覚めていかれました。

 

不思議なご縁がその後も続き、ニホンザルからネズミと研究スタイルを変化させて、研究生活に明け暮れておられました。タイプの研究

を通

 

ただ、同じ動物の研究でも、大自然に囲まれながらの研究スタイルと、実験室の中にこもりっきりの研究スタイル。

して気づいた!俺は、人間のことを知りたいんだ!

 

 このような異なる研究スタイルに触れたことで、池田光穂教授の中に変化が生まれていました。

 

いえだゆう
同じ動物の研究でも、全然、異なる環境だったんですね。

池田先生
そうなんだよ。

大自然の中で過ごしてきた研究生活から一転して、暗い実験室の中での研究生活。

暗い実験室にいると、

「俺は、何がしたいんだ?」・「こんな研究がしたかったのか?」と色々と考えることが多くて。

 

全く異なるタイプの研究をしたからこそ、自分がやりたい感覚と何かが違うことに気づかれた池田光穂教授。

そこで、気づいたことは何だったのでしょうか?

池田先生

「俺は、人間のことが知りたいんだ!」と思ったの。

ネズミの脳を解剖する研究は、俺でなくてもできる人がいる。

「俺は、自然科学や哲学や人間のことを研究したい!」と思ったの。

 

そう思った池田先生は、色々な研究室を探す旅に出て行かれたそうです。

 

 

.まとめ

 

このゆび読者のみなさま。

 

いかがでしたか?

 

まったく勉強に興味のなかったヤンチャな少年が、生き様の格好良い先輩に出会い、大学の勉強に目覚め、研究の道に進んでいくこととなりました。

 

今では、何百という研究報告を発表され、専門書もたくさん出版されている研究のプロになった池田光穂教授。

 

しかし、子どもの頃から、勉強に興味があったわけではありませんでした。

 

池田光穂教授は、その都度、目の前の興味のあることに取り組んでおられました。

その結果、自分が大事にしたい感覚と異なる場合は、進路を変えて、自分のやりたい道を探しておられました。

 

池田光穂教授の人生から学んだことは、「何でもやってみないと分からない!」ということ。

そんな思いに至りました(^_^)

 

高校時代の池田光穂教授は、身体が細くて、ハンマー投げに向いているタイプではなかったそうです。

たまたま、ハンマー投げをする機会があり、やってみたら良い結果が出た。

そこから、猛練習して近畿大会で入賞するまでに成長されたそうです。

 

また、どんな研究がしたいのかはっきりと決まっていなかった池田光穂教授。

流れにまかせて、いろいろな研究に取り組んでいた中で、自分のやりたい感覚と異なる感覚を経験された時に初めて、自分のやりたい道を見つけられました。

 

もしあなたが、「これがやりたい!」と、はっきりと見えていないから何も始められないと思ってしまうタイプなら、とにかく、目の前にあることを一生懸命やってみませんか?

 

目の前のことに一生懸命取り組んでいると、色々な自分に気づくし、新たな発見もある!

 

取り組んでみた結果、自分のやりたかったことと異なっていれば、道を変更すればいいんです。

 

最初から自分のやりたいテーマが見えている人もいれば、やりながら見えていく人もいます。

 

あなたは、どのタイプですか?

 

悩み続けて一歩も前に進めないという人生より、遠回りでもやってみて、「違ったからこっちに進もう!」と思う人生の方が、経験知が高まっているため、前に進んでいると言えます!

 

次回の告知

 

さあ、「自分のスタイルと異なる研究スタイルに出会い、人間のことを知りたい!」という思いに至った池田光穂教授。

 

その後、どんな人生の旅を歩んでこられたのでしょうか?

 

次回は、いよいよ「文化人類学」に深く関わったストーリーについて語ってくれています。

 

ぜひ、楽しみにしておいてくださいね~(^_^)

 

☆2章はコチラ↓↓↓

2章:池田光穂の人生観を変えた海外ボランティアの経験。人の幸・不幸は個人のとらえ方で決まる。
このゆびの人気企画!『好きなコトを仕事にしながら、社会の第一線で魅力開花してる人にインタビュー』 今回のゲストは大阪大学COデザインセンター「池田光穂教授」です。2章では、「人間のことを知りたい」と思った池田光穂教授は、広い世界を知りたくなり、海外ボランティアに出かけて行きます!さあ、どんな世界を旅してこられたのでしょうか?

 

ABOUTこの記事をかいた人

いえだ ゆう

わんぱく男児の育児に奮闘しながら、「ナース・ブロガー・インタビュアー・個人起業」のパラレルキャリアを開拓中!2017年から、「ワクワク・ドキドキ。好きなコト♪」をテーマに活動する「このゆびブログ♪」を運営。様々な人との出会いや経験、言葉から得られた学びをブログに書いています。イラスト担当かげちゃんの絵とともに楽しんで頂ければ幸いです!