与薬6Rの覚え方!【ゴロシリーズ】看護師に必須の知識をマスター!

 

こんにちは。いえだ ゆうです!

 

看護師の看護師による看護師のための新しい生き方を応援する情報メディア『看護+ONE』へようこそ!

今回は、患者誤認防止!与薬の「6R」をゴロで覚える方法を紹介します!

YouTube「看護+ONE大学」でも紹介しています♪

  1. 00:00 イントロ
  2. 00:30 6Rの紹介
  3. 01:05 6Rの覚え方
  4. 02:05 まとめ

 

さっそく、どうぞ~!

 

1.与薬6Rのゴロを紹介!

 

現場で働いていると、与薬する時に「6R」の知識は必須になります!

 

医療事故を防ぐためにも、6Rは絶対に覚えましょう!

 

『まず、6Rのご紹介』

 

6Rを覚えて、与薬する時は6つの視点で必ず確認するようにしておきましょう!

  • 「正しい患者?」
  • 「正しい薬剤?」
  • 「なんために投与するの?」
  • 「用量は(単位も大切)?」
  • 「投与方法は?」
  • 「投与時間は?」

 


ただ、このままでも覚えられる人もいると思いますが、「え~っと、6Rなんやったっけ?」となりがちな方に
「どんな状況でも思い出せそうなゴロ」を考えました!

 

さあ、一緒に口ずさんでみましょう♪

 

「かん、じ、よう、りょうほう、やく、もく」

 

漢字に変換すると、

「患、時、用(量法)、薬、目」

 

ここまでくれば、

「患者・時間・用量・用法・薬剤・目的」と思い出せますよね♪

 

 

ゴロから、6Rを思い出せるようになってくださいね!

 

2.まとめ

 

いかがでしょうか?

 

以前より覚えやすくなっていませんか?

 

ぜひ、現場で役立てて頂ければ幸いです!

☆こちらもおすすめです!

関連記事

  こんにちは。いえだ ゆうです!   看護師の看護師による看護師のための新しい生き方を応援する情報メディア『看護+ONE』へようこそ! 今回は、「6H6T」をゴロで覚える方法を紹介し[…]

 

最新情報をチェックしよう!
>「看護+ONE」オンラインサロン

「看護+ONE」オンラインサロン

夢を語る看護師が増えています!看護の枠を超えていろいろな仲間に出会えるオンラインコミュニティ!

CTR IMG