救急・急変対応が苦手な看護師に役立つ本&セミナーを紹介!

 

こんにちは。いえだ ゆうです!

 

看護師の看護師による看護師のための新しい生き方を応援する情報メディア『看護+ONE』へようこそ!

今回は、救急対応に不安のある現場の看護師さんにおすすめの本とセミナーを紹介致します!

 

あなたは、「急変対応が苦手」だと感じていませんか?

  • 現場で頭が真っ白になる
  • 焦れば焦るほど何をどうしていいのか分からなくなる
  • 勉強はしているのに、現場で役に立つことができない

 

急変対応は、症状からアセスメントが始まるので、学生の時にあまり学ばなかった知識が必要になります。

 

初めは上手くいかなくても、正しい知識をつけて、実践を重ねていけば、必ず出来るようになります。

 

救急や急変に関する知識は、救急に配属された看護師さんだけではなく、全ての看護師さんに役立ちます。

 

なので、救急に関する知識を学ぶことは全ての看護師さんの役に立ちます!

 

そこで、今回は、個人的な見解ではありますが、いえだゆうが参考になった本やセミナーを紹介していきたいと思います!

 

さっそく、どうぞ~!

1.おすすめ本

 

おすすめ本5冊紹介させていただきますね!

①救急看護の全体の流れが把握できる

 

まず、オススメの本がこちら!

 

救急外来に配属されたばかりの方や、病棟・外来看護師さんで「急変対応などを学びたい」という方にも役立つと思います。

 

本の特徴として、【症状別に書かれていて、最初にチェックするべきポイント、救急対応の流れと看護、見逃してはいけない緊急疾患】などが書かれており、どこに注意すればいいのかが分かりやすくまとめられいるんです。

 

ゼロからでも頭に入りやすいので、初心者さんにおすすめですよ~!

 

②心停止の時の対応が学べる本

 

次におすすめの本がこちら!

 

 

BLS・ACLSの対応が苦手という方におすすめ!

 

動画つきで詳細に解説してくれていますので、急変時のイメージがつかないという方におすすめです。

 

救急と言えば、苦手意識をもってしまうあなたの気持ちよく分かります。

 

いえだゆうも、初めて救急外来に配属された時は何もできずにいました。。。

 

ただ、BLS・ACLSを勉強することで、心停止時の対応への苦手意識はなくなりました。

 

DVDを見てイメージをつけることで、自分が実際に現場で直面したらどうすればいいのか、一人でもシミュレーションすることができますのでおすすめです♪

 

何をどうしていいのか分からないということは、あなたができないのではなく、学習が足りてないだけです。

 

学んだ知識を現場で使える知識にするには、頭の中で一人シミュレーションおすすめです!

 

 

 

③救急の先読み力が磨かれる本

 

続いて、紹介したい本がこちら!

 

 

この本は、救急の認定看護師さんが出版されている本です。

  • 「救急隊とのやり取りで必要な情報は?」
  • 「来院されたら、どんな対応をすればいいの?」
  • 「どんな情報を集めてどんな観察をしたらいいの?」

 

など、患者さんの状態を時系列で考えていくことができますので、実践で使いやすい本になります。

 

そして、色々と情報を集めたら、「それらの情報からアセスメントはどうすればいいの?」ということが順番に書かれた本になります。

 

救急看護師さんのアセスメントを知れるので、「こういう情報からこんな風に考えればいいんだー」ということが学べるのでオススメです!

 

④救急トリアージの考え方が分かる本!

 

さらに、紹介したい本はコチラ!

 

 

救急と言えば、林 寛之先生(福井大学医学部附属病院総合診療部教授)が有名です!

私も救急外来に所属された時は、林先生の本やセミナーで勉強しました!

患者さんの主訴からどんなことを考えればいいのか、簡潔明快で分かりやすくオススメです!

 

救急に配属された人だけではなく、病棟や外来でも急変する事例に遭遇することもありますので、学びになりますよ!

 

⑤急変前徴候に強くなれる本!

 

最後に紹介したい本がコチラ!

 

 

急変はいろいろな段階をへて、患者さんの症状は悪くなっていきます。

このどの段階での異変に気づけるかが重要な視点になります!

 

著書では、具体的に急変患者さんに遭遇した時にどんな対応をすればいいのか、どこを観察すればいいのか、緊急時の判断ポイントなどを知るコトが学べます!

☆こちらの記事もおすすめです!

関連記事

  こんにちは。いえだ ゆうです!   看護師の看護師による看護師のための新しい生き方を応援する情報メディア『看護+ONE』へようこそ! 今回は、患者さんの様子が「何か変」と感じた時の対応[…]

 

 

2.おすすめのセミナー

 

続いてセミナーの紹介です!

 

救急のセミナーと言えば、メディカ出版さんで開催されている林 寛之先生(福井大学医学部附属病院総合診療部教授)と今 明秀先生(八戸市立市民病院院長)による救急初期対応!

 

saideA,B,Cがありますが、sideCのショート動画がありましたので、添付しています!

 

楽しく学べるセミナーです。

 

一日コースで長時間ですが、動画作りにめっちゃこっておられて、現場で役に立つ知識をたくさん教えてもらえます!

 

興味を抱いた方は、メディカ出版さんのホームページに詳細をみてくださいね!

 

本当に役に立ちました!

 

本もおすすめです~!

 

 

林先生から学んだ「さるもちょうしんき」は、急変時も「あ、さるもちょうしんき」と思い出せるゴロで役に立ちました♪

関連記事

  こんにちは。いえだ ゆうです!   看護師の看護師による看護師のための新しい生き方を応援する情報メディア『看護+ONE』へようこそ! 今回は、「さるもちょうしんき」のゴロについて紹介し[…]

 

 

3.まとめ

 

今回は、救急外来に配属されて、自分自身が学んで役に立った本やセミナーの紹介をさせていただきました!

 

救急外来に勤務している看護師さんだけでなく、病棟や外来で働いているけど急変時の対応が苦手という方にもおすすめの本やセミナーです!

 

ぜひ、気になるものがあればチェックしてみてくださいね~♪

 

☆アイキャッチ作:Plume Design (thebase.in)

オリジナルナースちゃんができるまでのアイキャッチを作ってくれました!ありがとう♪

 

 

PR
最新情報をチェックしよう!
>「看護+ONE」オンラインサロン

「看護+ONE」オンラインサロン

オンラインコミュニティで新しい世界を楽しもう♪

CTR IMG