【ショック患者の対応まとめノート】急変対応が苦手な看護師もこれでバッチリ!

 

こんにちは。いえだ ゆうです!

 

看護師の看護師による看護師のための新しい生き方を応援する情報メディア『看護+ONE』へようこそ!

今回は、ショック患者の対応で学んだことをまとめていきたいと思います

 

まとめノートがみなさんのお役に立てば幸いです♪

 

おすすめ本です!
  

 

1.ショックの定義

 

まず、ショックとはどんな状態なんでしょうか?

 

ショックとは、末梢組織に酸素が届いていない状態緊急事態です。

 

早期に発見して適切な治療を行う必要があります。

 

まず、ショック状態は緊急事態と考えるようにしましょう!

 

 

 

2.ショック患者の対応の流れ

 

ショック患者さんの対応の流れを紹介していきます!

 

患者さんをみて、ショックかも?と思ったら、以下の流れを念頭に対応していきましょう♪

 

①ショック疑いかも?

□ABCDE評価&バイタルサイン(意識・呼吸・脈拍・血圧・体温)測定:異常の早期発見に努める!

救急で必須!急変対応に強くなりたい看護師は「ABCDE」をマスターしよう! (iedayuu.com)

【ゴロシリーズ】バイタルサインの種類の覚え方!看護現場でバタバタしてても思い出せる! (iedayuu.com)

 

☆ショックの診断を満たすかどうかチェック!

☆収縮期血圧90mmHg以下

☆小項目(3つ以上)

□心拍数100/分以上、□脈拍微弱、□爪床毛細血管のrefilling遅延(圧迫解除後2秒以上)、□意識障害、□乏尿・無尿(0.5ml/kg/時以下)、□蒼白・冷汗または39度以上の発熱

 

□ショックの5P:白・冷汗・虚脱・脈拍触知不能・呼吸不全が1つでもあればショックを疑う!

【ゴロシリーズ】ショックの5徴候の覚え方は「それきみこ」! (iedayuu.com)

 

□問診:SAMPLEで情報を収集しよう!

救急看護で必須知識!問診するなら「SAMPLE」をマスターしよう! (iedayuu.com)

 

②①からショックと判断→応援要請(SBAR報告

□初期治療

☆ショック患者→心停止→すぐに心停止時のアルゴリズムに沿って対応と考えよう!

【患者急変】ナースの急変対応力up「目の前で倒れている患者さんを発見したら?」【心停止・院内編】 (iedayuu.com)

 

☆初期対応でABCやバイタルサインに異常あり!→ABCやバイタルサインを安定させると考えよう!

 A:気道閉塞あり→気管挿管

 B:呼吸不全あり→酸素投与、人工呼吸など

 C:循環不全あり→静脈ルート確保、輸液投与など

 

☆ショックと言えば、「さるもちょうしんき」で医師の指示を予測しよう!

酸素投与、ルート確保、モニター装着、超音波、心電図、胸部X線

【役に立つ】急変と言えば「さるもちょうしんき」! ゴロで覚えて、できるナースになろう! (iedayuu.com)

 

③ショックの分類を鑑別!

ショックの初期対応ができたら、医師の頭の中は原因検索に進むはず!

ショックの原因は何か?ショックの4分類で予測される疾患を推測しながら対応する!


☆ショックの分類の覚え方はコチラ

関連記事

  こんにちは。いえだ ゆうです!   看護師の看護師による看護師のための新しい生き方を応援する情報メディア『看護+ONE』へようこそ! 今回は、ショックの種類をゴロで覚える方法を紹介[…]

 

☆ショックのフィジカルアセスメント・検査などで情報を収集すると考えよう!

 

 

④ショック別の治療

ショックの原因ごとに治療となります。

それぞれの疾患がどのような治療方針になるのか理解しておきましょう♪

 

心原性ショック:治療の第一選択は昇圧薬(カテコラミン)

閉塞性ショック、循環血液量減少性ショック、血液分布異常性ショック→大量輸液が第一選択

 

 

 

 

⑤まとめ

 

以上、ショックの患者さんに遭遇した時の対応の流れを紹介しました。

 

一連の流れを理解して、急変現場でテキパキと動ける看護師を目指して頑張ってくださいね♪

 

ぜひ、現場で役立て頂けると幸いです♪

☆こちらもおすすめです!

救急・急変対応が苦手な看護師に役立つ本&セミナーを紹介!

 

PR
最新情報をチェックしよう!
>「看護+ONE」オンラインサロン

「看護+ONE」オンラインサロン

オンラインコミュニティで新しい世界を楽しもう♪

CTR IMG